社会人留学のリアルなお金事情 〜とりあえず行けばどうにかなる?〜

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

このブログのアクセス解析を見ていると、「オランダ 留学 費用」などお金に関するキーワードで検索してたどり着いてくださる方が一定数いることがわかります。お金って、留学を考えた時に絶対に避けて通れない問題ですもんね。

以前、1年間のオランダ大学院留学で約350万円かかったという記事を書きました。

恥ずかしながら告白するんですが、私は留学開始時点でこの額が全部手元にあったわけではありません。オンラインでの仕事やオランダ政府からもらえる家賃補助などを当てにして、「まぁとりあえず行けば何とかなるだろう」という甘い気持ちでオランダに来ました。結果的には何とかなったわけですが、これは色々な要因が重なって何とかなっただけなので、おすすめはしません。(まぁ、そんなカツカツの状態で留学を決行しちゃうのって私ぐらいだと思いますが、、)

留学費用が何とかなった要因その1:コロナ

実は、支出を抑えられた大きな要因の一つが、コロナです。オランダの大学院に留学して半年で第一次ロックダウンが始まりました。レストランが閉まっているから外食しないし、そもそも人に会わない。その結果、食費や交際費が安く済む、ということです。さらに、国外に旅行できないことも資金面では「アドバンテージ」になりました。せっかくヨーロッパにいるのに色々な国に行けないのは残念ですが、もし自由に旅行できる状況だったらかなり費用がかさんでいたと思います。

留学費用が何とかなった要因その2:オンラインでの仕事

オンライン英会話の講師の仕事と、当ブログで運営している留学相談&出願書類添削にかなり助けられています(現在進行形)。

まず、オンライン英会話の仕事ですが、留学のために前の仕事を退職してからすぐに始めました。オランダでアルバイトを見つけるのはきっと難しいだろうと思っていたので、留学期間中もオンラインで続けられる仕事を手に入れておきたかったからです。結果的にこれは正解で、留学期間中も家にいながらできてスケジュールの自由もきき、なおかつ勉強の合間のリフレッシュにもなり、私にはとても合っていました。

留学相談と出願書類添削の仕事は留学期間中に独自に始めたものですが、オランダ留学についてのご質問を受けて「その視点はなかった!」という発見があったり、出願書類のチェックを通して「こんな英語表現があるんだな」と勉強させてもらったり、とても楽しいです。自分がオランダで実際に経験したことがみなさんのお役に立っていると感じるので、やりがいがあります。

そんな感じでオンラインでのちょっとした仕事を持っておくことは、収入面、精神面ともに留学中の支えになるので、特に社会人留学をされる方はぜひ仕事のアイディアを探してみてください。ランサーズやココナラなんかにも色々載っているし、ブログやYouTubeを始めるのも良いと思います。

留学費用が何とかなった要因その3:現地での収入

オランダ留学中にアルバイトを見つけるのは難しいとは言うものの、私は運良く現地で収入を得る機会に恵まれました。

一つ目は有給のインターンシップです。オランダの大学院はインターンシップが卒業単位の一部として認められることも多く、私も留学生活の後半はインターンシップ(と修士論文)に費やしました。ただ、インターンの求人をチェックしてみるとわかりますが、インターンは無給のことも多いのです。もちろん貴重な勉強の機会ではあるけれど、かなりの時間とエネルギーを費やすのに無給とは、、、。そんな中できちんと報酬を出してくれる企業でインターンに採用してもらえたことはありがたかったです。

二つ目は、日本語を教える仕事です。これは、自分で作ったチラシから舞い込んできた仕事です。オランダ留学生活の終盤、就職活動をしていた時、とりあえず仕事が欲しい一心で「英語と日本語教えます!」みたいなチラシを作って日本食材スーパーなどに置いてまわりました。すると、そのチラシを見た現地の方が連絡をくれて、日本語レッスンをすることになりました。チラシのパワーも侮れないなと感じたし、日本や日本語に興味を持っている人って意外に多いので、もっと早くからすればよかったと思いました。

三つ目は、家庭教師の仕事です。アムステルダムにお住まいの日本人のお子さまたちの、英語の勉強のお手伝いです。たまたまできた個人的なつながりから始まった仕事で、本当にありがたいことでした。私自身、全然知らなかったのですが、海外にお住まいの日本人駐在員さんのお子さまたちは、海外生活で身につけた英語を武器に英検を受けられることが多いのです(海外の主要な都市では海外受検が可能)。と言っても、英検は日常生活では使わないようなボキャブラリーが出てきたりするので対策が必要です。そこで、日本語と英語を駆使して英検対策のレッスンをさせてもらっています。

留学費用が何とかなった要因その4:オランダの住宅補助

以前から書いているように、オランダでは一定の条件を満たすと家賃補助がもらえます。私は大学院生時代は家賃588ユーロの部屋に住んでいて、補助金を毎月199ユーロもらっていました。これは本当にありがたすぎました。家賃補助の制度について詳しくは下記の記事をご覧ください。

というわけで、今日は大学院留学時代のお金事情について書きました。私の甘い見込み「まぁとりあえず行っちゃえば何とかなるだろう」は、結果的にはそうなりました。が、これは本当に運が良かっただけなので、どうぞ皆さんはお金に余裕を持って留学に臨んでください。

↑↑↑↑↑この本はシンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

——————–

*私が海外大学院の出願に使用して合格した志望理由書(英語全文+日本語解説)、質問に答えるだけで志望理由書の骨子ができるテンプレート、英文推薦状(英語全文+日本語解説)などをnoteにて公開しています。下記リンクからご覧ください。また、当ブログの出願書類添削をお申し込みいただいた方にはこれらを無料で差し上げています。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた出願書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オランダ留学の健康保険〜日本で入る?オランダで入る?〜

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、そして現地就職をしたChisakiです。今日は海外留学に必須の健康保険について書いてみたいと思います。

選択肢1:日本の留学生用保険に入る

私自身は、アムステルダム大学に留学する際、日本から留学生用の保険に入って行きました。というのもそれ以外の選択肢があることを知らなかったからです。私が入った保険の内容は留学生保険の標準的なもので、金額は1年間で16万円程度でした。結果的にはオランダで何度か行った病院の費用は全てカバーされ、手続きもスムーズだったため、特に不満が残ったわけではありません。

選択肢2:オランダの健康保険に入る

留学期間が終わってこちらで働き始める時に、健康保険を現地のものに切り替えなければいけませんでした(オランダで働く人はオランダの健康保険に入ることが必須)。それで色々調べているうちに、留学生の立場でも現地の保険に入るという選択肢があったんだということに気付きました。

まずオランダの健康保険の仕組みを理解する必要があるのですが、日本とは違っていて、私は理解にちょっと時間がかかりました、、、簡単に言うとこんな感じだと思います。

日本=病院で治療を受けるたびに医療費を支払う。基本3割負担。

オランダ=年間の上限額までは医療費を全額自分が支払う。上限額を超えた分は保険会社が負担してくれる。この上限額というのは自分で設定することができ、2021年度は標準で385ユーロ。(上限額を高く設定すればするほど保険料が安くなるので、あまり病院に行かない人は上限額を高く設定することで保険料を抑えられる。)

肝心の保険料は、基本プランは月100ユーロ前後です。そこに歯科治療や眼鏡、コンタクト代などのオプションが加わってきます。私は現在、諸々のオプション込みで月120ユーロ払っています。

つまり年間に支払う額としては、基本プランにだけ入るとしたら

100ユーロ×12ヶ月=1200ユーロ(約15万円)

となります。

もし何らかの理由で病院にかかったとしても、自己負担額を385ユーロ(最低額)に設定していれば、基本的にはそれ以上支払うことはありません。

オランダの保険を勧める理由:補助金がもらえる!

金額的に考えると日本の留学生用保険もオランダの健康保険もあまり変わりないし、何かあった時は日本語で手続きできる方が安心だし、留学生用保険の方がロストバゲッジなんかの保障もついてるし、、、やっぱり日本の保険の方がいい!それもその通りだと思います。

ただ、徹底的に留学コストを抑えたい!という方もなかにはいらっしゃいますよね。(私もそうでした。)

そこで知っておいてもらいたいのが、オランダの健康保険料補助金Healthcare allowance)の制度です。オランダの居住許可を持っていて、オランダの健康保険に入っていて、なおかつ収入が一定以下だと、月100ユーロ程度の補助金がもらえます。以前に書いたオランダの家賃補助制度と合わせると、資金の限られた留学生にとってはかなりありがたい金額になりますよね!私は留学生として来た時は健康保険料補助のことを全く知らなかったのですが、もし知っていたらオランダの保険を選んでいたと思います。

ただ、オランダの健康保険だと、留学生用保険によくある緊急時の帰国費用などはカバーされないので、そこはそれぞれの考え方でご自身に合ったものを選んでくださいね。

というわけで、今回は留学準備中の皆さんに少しでも情報提供をしたくてオランダの健康保険について書きました。ここに載せた諸々の情報は確認を取ったつもりではありますが、例外や、時間が経つと変更される事項もあります。ですので、正確な最新情報はご自身でお確かめください!この “I Am Expat”のページがわかりやすいのでリンクを貼っておきますね。緊急時の帰国費用などもカバーしてくれる、留学生向け保険プランも紹介されています。

https://www.iamexpat.nl/expat-info/insurances-netherlands/dutch-health-insurance

オランダの保険会社を比較できるこのサイト(Zorgwijzer)も便利です。年齢やオプションなどを入力すると、最適なプランが提示されます。

https://www.zorgwijzer.nl/zorgvergelijker/english#/search

オランダ留学や生活についてご質問などがございましたら、お気軽にコメントください!

↑↑いつもお世話になっている地球の歩き方。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

オランダで自転車を買う方法いろいろ

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。

オランダといえば自転車大国。道路は必ずと言っていいほど「自動車」「自転車」「歩行者」の3つのレーンに分かれており、土地が平坦なことも相まって、自転車が立派な交通手段として確立しています。

私は、オランダに来る前は、うーん自転車ねぇ〜、、、とあまり乗り気ではありませんでした。が、いざ来てみると、

安い!(バスやメトロなどを使うと交通費が高くつく)

速い!(小回りがきいてどこにでも行きやすい)

健康的!(体を動かせる)

と三拍子揃う自転車は日々の生活に無くてはならないものとなりました。

そんな便利な自転車ですが、オランダで入手する方法はいくつかあります。

1. Swapfietsなどの定額制レンタル自転車

毎月決まった額を払って自転車をレンタルするという形です。私も今はこれを利用して自転車に乗っています。サービスを提供している会社はいくつかありますが、オランダ全土に展開するSwapfietsを使っています。

青いタイヤがSwapfietsの目印!

私が利用しているのは一番ベーシックなプランで、月16.5ユーロを払っています。利用登録をしている間はその自転車を自分のものとして使用でき、タイヤがパンクした場合などにも基本的には無料で対応してもらえます。鍵を掛けずに放置して盗難にあった場合などにはいくらか払わないといけないようですが、あまりに有名で目立つ自転車なので盗難されることも少ないと聞きました。レンタルなので、不要になれば連絡してすぐに引き取りに来てもらえるのも大きなメリットです。

デメリットと言えば、基本的にオランダ人の身長を目安に自転車が用意されているので、身長が低めの方にはサイズの合う自転車がない可能性があるということでしょうか。私自身は身長158センチで、最初に自転車を配達してもらったとき”This is the smallest one.”と言われたにも関わらず乗ってみるとギリギリ足が着くか着かないか、という感じでした。最初は少し怖かったものの、もう慣れましたが。

2.Facebookグループで中古品を買う

これもオランダで自転車を入手するメジャーな方法です。フェイスブックで”Amsterdam bike”などと検索すると、中古自転車の売り買いをしている人のグループがたくさん出て来ます。私も一度そのグループで自転車を買ったことがありますが、先程のレンタル自転車と違い、運よく自分の身長にぴったりの自転車を見つけることができました。購入前にメッセージを通して細かい質問もできたのでよかったです。新品とは言えないまでもとても良い状態の自転車で、チェーンロック込みで70ユーロでした。1年ほど乗り回したのでとてもお買い得だったと思っています。

お世話になった愛車

ただ、ちょうど良いタイミングで自分に会った自転車が出品されるか、というのはかなり運任せですよね。また、商品引き取りの際も知らない人の自宅などに行かなければいけないので、信頼できる人について来てもらうなど工夫が必要です。

3.屋外マーケットで中古品を買う

例えば、アムステルダムではワーテルロー広場で毎日のように蚤の市が開かれていて、自転車もたくさん出品されています。マーケットをぶらぶら見て回りながら自分に合いそうなものがあれば試しに乗らせてもらうなど、気軽に見に行けるのがメリットですね。ただ、全体的に商品はボロいです。また、売られている自転車の多くは盗難されたもの、という噂も。私はオランダに来て初めての自転車をこのマーケットで買いました(当時はSwapfietsやFacebookグループのことを知らなかったので)。オランダでは珍しく手元にブレーキがあるタイプでサイズ感もちょうど良いものを見つけたので、170ユーロから100ユーロにまで値切って購入しました。↓↓当時の記事はこちら。↓↓

4.自転車屋さんで新品を買う

はい、最後はこれです。ここまで中古自転車の話ばかりして来ましたが、もちろん街中にたくさん自転車屋さんがあり、しっかりした造りのきらびやかな新品自転車が並んでいます。どれも結構なお値段ですが、やはりその分サドルの座り心地が良かったり、ギアがついていたりと、それだけの価値はあるように思います。留学などで短期滞在の場合は高くついてしまいますが、ある程度の期間をオランダで過ごすなら自分にあったこだわりの自転車を購入するのもアリかもしれません。

ということで今回はオランダで自転車を手に入れる方法について書きました。オランダ生活についてご質問などがございましたらお気軽にコメントください!

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【よくある質問】オランダ留学後に現地に残るのは難しいですか?

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。

オンライン留学相談などをしていてよく聞かれるのが、「オランダで大学院を修了したあとに現地に残るのは難しいですか?」という質問です。

私自身、仕事を辞めてオランダ留学を始めた当初は大学院(修士)を終えたらすぐに日本に戻るつもりでした。しかし、生活しているうちに「やっぱりもう少し居たい」という気持ちが芽生えてくるもので、結果的にそのままオランダで就職して現在に至ります。

その経験や周りの友人たちの状況を踏まえ、最初の質問にお答えします。

「難しいです。」

いや、物理的に「残る」のはそんなに難しくはないんです。”Orientation Year Visa“を取れば1年間の滞在許可は得られるので。ですが、仕事も何もなくただただ滞在し続けるというのはいろんな意味で難しいですよね。

では現実的に大学院(修士)を終えたあとに現地に残るにはどういう選択肢があるでしょうか?ざっと挙げてみます。

  • オランダで就職する
  • オランダで博士課程に進む
  • オランダでフリーランスビザを取って起業する

パッと思いつくのはこれぐらいでしょうか、、、。きっと他にもあると思いますが、、。

上に挙げた選択肢を順番に見ていくと、

まずオランダでの就職は非常に難易度が高いです。理由は言語とビザです。まず言語面では、オランダは英語が通じるとは言え、やはり現地で就職となるとオランダ語ができないと一気に選択肢が狭まります。ビザについては、日本のパスポートを持っている人を雇うとなると「他の誰でもなくこの人を雇う必要があるので!」と企業側が労働ビザを申請する必要があります。そうなると、ビザ不要で働けるEU出身者(しかもマルチリンガルが当たり前)がうじゃうじゃいる中で、雇ってもらうのはかなり厳しいです。よっぽど「この人じゃなきゃダメ!」と思ってもらえる何かがあれば良いんですけどね。

それから、博士課程に進むのも簡単ではありません。というのも、博士課程は修士課程(Master)のように「一斉に出願→合格」のような流れではなく、空きがあるポストに応募→採用、という形になるからです。つまり博士課程は「進学」というよりは「就職」みたいな感じなのです。ちなみにお給料も出ます!なので、まず自分のやりたいことに合ったポストがちょうど良いタイミングで空いているかどうかが問題です。実際、私のアムステルダム大学大学院の友人は、博士課程に進みたいけれどどこも空きがない、ということで今はとりあえず倉庫で肉体労働のアルバイトをしています。

最後に、フリーランスビザです。オランダは他の国に比べてフリーランスビザが取りやすいことで有名です。実際に私もオランダで自営業されている方を何人も知っています。ビザを取るにはしっかりしたビジネスプランといくらかまとまったお金がいるみたいなので、詳しい情報は移民局のウェブサイトをご覧ください。大学院の勉強と並行してしっかり起業の準備ができるのであれば、卒業後にこのビザを取ることを目標にするのも選択肢かもしれませんね。

ということで今回はオランダ留学終了後に現地に残る方法について、私自身の経験したことや身近で聞いたことをもとにお話しました。ご質問などがございましたらお気軽にコメントください!

社会人留学や仕事で海外に関わる全ての人におすすめの本です!(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

日常会話に役立つ受験英語3選

こんにちは!いつも応援ありがとうございます。

皆さんは、日本の受験英語は実際の英会話で役に立たないと思いますか、、、?

私は、めっちゃ役に立ちます、と声を大にして言いたいです。

(そもそも、受験英語なんてやっても無駄!と言ってる人に限ってちゃんと勉強してなかったりするんですよね。)

私はこれまでに英語の学習者、そして英語教師としてたくさん「受験英語」に触れてきました。その経験を経て海外に留学→就職してみると、単なる「受験英語」だと思っていた英語表現が実は日常会話で頻繁に使われているという場面が何度もありました。今回は私が特に便利だなと感じている表現を3つ紹介します。

Otherwise (そうでなければ)

はい、これですね。アザーワイズ。仮定法を習うときにちょろっと付け足しのように出てくるやつです。「さもなければ」という日本語訳がついていることが多いと思います。よくある例文はこんな感じ。

I left home at 7 am; otherwise I would have been late.(私は7時に出発した。さもなければ遅刻していただろう。)

この、「さもなければ」という日本語が、otherwiseという単語から親しみやすさを奪っている一因でもあると思うのですが、、、とにかくこの単語、日本を出るまではこれほど使い勝手が良いとは知りませんでした。例えばこんな風に使われます。

I usually start my online lesson at 9 am, otherwise I would never get out of my bed.(朝9時からレッスンを始めるようにしてます、そうじゃないと私、一生ベッドから出てこないから。)

Tidy up all the tables, otherwise I won’t allow you to go outside.(全部のテーブルを片付けしなさい、でないと外で遊べないよ。)

このように、この単語ひとつでその前の文を一気に否定+仮定できる(「そうじゃないと○○」)という非常に便利な表現です。

と、書いてる今もルームメイトがスムージーに使った新しいミキサーの話をしてて “I used this big one, otherwise I would have used the small one but it’s not very nice.” (この大きいのを使ったの。そうじゃないと小さい方を使ってたけど、そっちはあんまり良くないんだよね〜)と言ってました。

I would … (私なら…する)

仮定法つながりでもうひとつ。学校で習う仮定法というと、

If I were you, I would not do it.(もし私があなただったら、私はそれをしないでしょう。)

というように、Ifからセットになった「完全な」仮定法の文が多いと思います。

これを、日常会話では “If I were you”にあたる部分を全部省略して “I would …..”の部分だけで使うことがとっても多いです。例えばこんな感じ。

(これとこれどっちがいいかな?と聞かれて)

I would choose this one. It looks more beautiful. (私だったらこっちを選ぶかな。こっちの方が綺麗だし。)

とか、

(何て自己アピールしたらいいかな?と相談されて)

I would say “I’m a sociable person.”(私だったら”私は社交的です”って言っちゃうね!)

のような感じです。どちらも、「私だったら」とははっきり言ってないんですが、wouldを使うことによってこれは仮定法であると言うことを示しているので「私ならこうする」という意味になります。wouldをつけるだけでそのニュアンスが出せるので便利ですよね。

Be supposed to do… (…することになっている)

これは「ルールとして〜しなければいけないことになっている」とか「当然〜すると思われている」というニュアンスの表現です。日本語にすると長いのでなんとなく取っつきにくいのですが、日常生活でとても幅広く使われています。

I am supposed to go to the gym tomorrow. (自分の中で、明日はジムに行かないとダメって決まってるねん。)

We are supposed to leave the office as soon as we are done.(我々は仕事が終わったらできるだけ早く帰らなあかんのよ。)

She is not supposed to be here, is she?(あれ?彼女、ここにいるべき人じゃないよね、、、?)

という感じです。have toの「〜しなきゃダメ!」みたいな強い感じまではいかないし、be going to…と普通に予定を話すよりはもう少し「縛られてる感」の出る表現です。映画なんかにも結構出てくるので意識して聞いてみてください!

ということで、今回は日常会話で使える「受験英語」をピックアップしてみました。ご質問などございましたらお気軽にコメントください!

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【オランダ留学体験談】University of Groningenの場合

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます。おかげさまで5回目を迎えるオランダ留学体験談のコーナーです。

今回お話をお伺いしたのは、エラスムスのジョイントマスタープログラム(ヨーロッパの複数の大学で単位を取る修士課程)に在籍中のさちもさんです。彼女もブログを通して大学院留学情報を発信していらっしゃいます。お役立ち情報がたくさんですのでぜひ下記のリンクから覗いてみてください!

https://polaristudy.com

エラスムスのジョイントディグリープログラムは色々な国に行けてとても楽しそうだなと思っていたところなので、私も興味津々です。それでは、さちもさんに詳しくお話を聞いてみましょう!

プログラム名、オランダでの滞在先、他に行く予定の国などを教えてください。

プログラム:Erasmus Mundus Master of Arts Euroculture(2020年9月ー2022年8月)

オランダ滞在期間:2020年9月ー2021年1月

オランダでの所属大学:University of Groningen(フローニンゲン大学)

2学期目はチェコのPalacky University Olomouc(パラツキー大学オロモウツ)で過ごします。3、4学期目は未定です。

プログラムを選んだ理由や、その中でもオランダ・フローニンゲン大学を選んだ理由は何ですか?

Eurocultureプログラムではヨーロッパを政治、法、文化などあらゆる面から研究することができます。私は学部生の頃にEUやドイツの政治を学んでいたことがきっかけで、このプログラムに興味を持ちました。このプログラムの特長として、ヨーロッパの複数の国で学べる点があり、旅行好きな私にとってはとても魅力的でした。8つの協定校(オランダ、ドイツ、フランス、スウェーデン、スペイン、イタリア、ポーランド、チェコ)の中から毎学期学びたい大学を選択することができます。

中でも私がオランダのフローニンゲン大学を選んだ理由は主に2つあります。1つ目はブリュッセルにあるEU機関への遠足があるからです。Eurocultureの卒業生はEU機関で働いている人が多いので、ぜひ話を聞いてみたいと思っていました。ただ、残念ながらコロナの影響で遠足は中止になってしまいました…涙。2つ目の理由は言語です。過去にラテン系諸国を旅した際、不安を感じたことがあったため、最初の学期はゲルマン系の国に行きたいと思っていました。私は英語とドイツ語がわかるので、それらによく似たオランダ語を不安に感じることはありませんでした。さらに、ほとんどのオランダ人は英語が流暢に話せるので不自由なく過ごすことができています。

Groningenの運河

フローニンゲン大学で特に為になったと感じた授業や活動について教えてください。

Eurocompetence(Europe + competenceの造語)という授業が非常に役立っています。この授業では、Chicagoスタイルでの引用方法や、プレゼン/ディベート練習、CVやカバーレターの書き方など、実用的なスキルを学び、身につけています。

また、全体的にグループワークの多さと教授からの手厚いフィードバックに驚きました。まずグループワークについてですが、どの授業でもグループディスカッション、グループプレゼン、グループレポートが課され、他の学生と協働する機会がありました。意見をまとめるのが大変な反面、学ぶことも多かったです。教授からのフィードバックに関しては、成績評価前に改善点などのアドバイスをもらえて非常に助かりました。

クラスの人数や周りの学生の出身国はどんな感じですか?

1学期目をフローニンゲン大学で過ごしている学生は23人で、大半はオランダ、ドイツ出身です。その他、イタリア、ルクセンブルク、ルーマニア、ブルガリア、スロベニア、キプロスなどのEU加盟国から来ている学生がいます。EU域外出身者は私含め3人だけ(日本、香港、フィリピン)でした。ただ、香港、フィリピン出身の学生はコロナの影響でオランダに来られず、オンラインで授業に参加しています。

ちなみに上記の8つの協定校の中ではフローニンゲン大学が一番多くの学生を受け入れていて、例えば2学期目をチェコで過ごす学生は私含め5人しかいません。

Groningen大学

オランダ留学で苦労している点は何ですか?

ディスカッション能力のなさは常に感じています。英語力だけでなく、知識量も足りていないため、発言することが難しいです…。最初は落ち込みまくりましたが、自分のペースで頑張ろうと気持ちを切替えました。

生活面で苦労していることもあります。まずは天候です。冬は非常に寒く、雨や風も多いです。そんな中での自転車生活は想像以上にハードでした。次に、コロナに対する感覚の違いでも苦労しました。1日に1万人以上の感染者が出ても屋外ではマスクをしている人がほぼおらず、さらに、寮では毎週のようにパーティーが開かれていたため、カルチャーショックを感じました。あと、オランダに来た直後はクレジットカードを使える場所があまりにも少なくて困りました。オランダに留学したら、即銀行口座を開設し、マエストロカードを作ることをおすすめします…!

フローニンゲンでの生活で気に入っていることやおすすめスポットがあれば教えてください。

学生街の活気がありつつ、アムステルダムやロッテルダムなどの主要都市からは離れているため、ゆったりとした時間が流れています。運河のある景色がとても好きなので、天気の良い日のサイクリングは最高でした。また、オランダ特有のドラッグの匂いが街中に溢れていなかったのも個人的には嬉しかったです。

おすすめスポットはForumです。1階にフローニンゲンの観光案内所(VVV)があり、おしゃれなお土産を購入できます。そして屋上からはフローニンゲンの街並みを見渡すことができます。他にも、シナゴーグのある通りFolkingestraatやマーケットが開かれる広場Vismarktもフローニンゲンにお越しの際にはぜひ訪れてみてほしいです。

Forum屋上からの景色

海外大学院留学やエラスムスプログラムに興味を持っている方に伝えたいことがありましたらお願いします!

Eurocultureの参加者は英語ネイティブでない人間に、非常に優しく接してくれる人ばかりです。(そもそもネイティブがほとんどいません。)拙い英語しか話せなくても、耳を傾けてもらうことができました。これに甘えてはいけませんが、英語が苦手な人でも、挫折することなく学ぶことができる場だと思います。

ということで、さちもさん、貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました!ディスカッションの難しさ、クレジットカードの使えなさ、など共感することばかりでした。また、英語のネイティブスピーカーでない人に対して優しく接してくれる人が多いというのも同感です。そうやって安心できる環境だと勉強も効率よく進む気がします。

次はオランダを離れてチェコへ行かれるとのこと。これからまた新しい日々が始まりますね。うらやましい!どうぞお気をつけて!!

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【大学院留学準備】伝わりやすい志望理由書=読み手に優しい文章

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます。

秋〜冬は海外大学院への出願シーズンですよね。年明けが出願締め切りという学校も多いと思います。私自身も、オランダ留学に出発する前は年末年始のお休みを出願準備に費やしました。まさに今、出願書類を一生懸命作っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

出願書類の中でも大きなウェイトを占めるのが志望理由書(motivation letter, personal statement)です。たくさんある出願書類の中でも、自分の言葉でバックグラウンドやパーソナリティーをアピールできる数少ない書類ですよね。せっかく時間をかけて作るものですから、自分の思いがしっかり伝わるように書きたいというのは誰もが願っていることだと思います。そこで、今回は志望理由書を読み手に伝わりやすくするためのポイントをまとめてみます。

一文はなるべく短く(長くても30語!)

これは私自身のクセでもあるのですが、、、日本語を母語にしている人は英文を書くときに一文が長くなる傾向がある気がします。

例えば「○○や□□、そして△△を身に付けました。」のような感じで、”and”で繋いでたくさんの単語を入れ込んだり。

「○○して、さらに□□や△△もしましたが、××はできませんでした。」みたいに、全ての経過を一文に盛り込んだ結果、最後のピリオドにたどり着くまでが異様に長かったり。

志望理由書を読む相手はネイティブスピーカー(もしくはネイティブ同等)なんだから、多少複雑な英文でも読めるでしょ、と思いますか?、、、それは違います。日本語ネイティブの私たちが日本語の文章を読むときでも、あまりに一文が長いと何が言いたいのかわからなくなって読むのが辛くなってきませんか?しかも、志望理由書の読み手はひとりだけの書類を読むのではなく、膨大な量の書類に目を通さないといけない訳です。だから、文は簡潔で読みやすい方が良いに決まっています。

「短い文」とは、長くても一文につき30語以内です。志望理由書の原稿が出来たらもう一度見直しをして、もっと「読み手に優しい」文章にできるところはないかとチェックしてみてください。

例1「○○や□□、そして△△を身に付けました。」→思い切って「□□、そして△△」の部分は削り、そのぶん○○のことについて詳しく書いてみてはどうでしょう?

例2「○○して、さらに□□や△△もしましたが、××はできませんでした。」→区切れるところで区切ります。「○○と□□をした結果、こうなりました。しかし、××という課題が残りました。」

読み手に優しい文章にすることで、きっと志望理由書に込めた情熱がもっと伝わりやすくなるはずです!

A4で2ページ以内

語数の指定がなければ、志望理由書は最大でも2ページ以内におさめます。これも先ほどと同じ理由で、「読み手に優しく」するためです。長ーい文章よりコンパクトな文章の方が読みやすいのは普通のことですよね。

志望理由書は、大学院で勉強したいというやる気や、自分は今までこんなことを頑張ってきましたよという実績をアピールする場。だから、あれも書きたい!これも書きたい!となるのは当然です。でも、だからこそ、それをいかにシンプルにわかりやすく伝えられるかというのが腕の見せ所でもあるのです。

自分のアピールしたいことを語るのに最も効果的な具体例だけを使っているか?

いろんなエピソードを盛り込みすぎて一つひとつの印象が薄まっていないか?

など、もう一度確認してみてください。

適切なイントロダクション

第一パラグラフは、読み手に「この志望理由書ではこんなお話をしますよ」と伝えるナビゲーターの役割を果たします。自分はどんな人物で、大学院そしてこれから先の人生で何を成し遂げようとしているのか、ということを単刀直入に書いてください。そこで読み手に関心を持ってもらって、そこから先のパラグラフで詳細を語ります。

お役立ちウェブサイト

私が日々、皆さんの志望理由書を添削する時に参考にしているウェブサイトを下記に載せておきます。

イギリスのSussex大学が出している”How to write a personal statement”のページ。ここに書いてある通りに志望理由書を作っていけばとても良いものができると思います!

https://www.sussex.ac.uk/study/masters/apply/tips-for-masters/personal-statement

同じくイギリスの、Aston大学の”How to write a good personal statement”のページ。「志望理由書でやるべき10のこと」がまとまっていたり、いろいろな例文が載っていたりしてとても便利です。

https://www2.aston.ac.uk/study/advice-on-applying-to-university

ということで、今回は「伝わりやすい志望理由書」について書いてみました。ご質問などがあればお気軽にご連絡くださいね。

今年は本当にたくさんの方がブログを読んでくださり、ブログを通して人と繋がれることをとてもありがたく感じた一年でした。まだまだコロナの影響で大変な日々が続きますが、皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。そして来年もよろしくお願い致します!

↓↓↓こちらも併せてご覧ください。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

留学相談と出願書類添削サービスを始めて1年が経ちました!

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます。

昨年のちょうどクリスマスの日、オランダに社会人留学をしたい方のためのオンライン留学相談と、出願書類の英文添削サービスを始めました。

ありがたいことに開始から2日後に始めてのご依頼をいただき、そこから少しずつじわじわとお問い合わせをくださる方の数も増え、1周年を迎えた今年のクリスマスも複数の方からのご依頼を抱えているという状況です。

この1年間でサービスをご利用くださった方の数を集計してみました。

オンライン留学相談 16名

出願書類添削 23名

です!

こんなにたくさんの方がブログを読んで私のことを信用してくださり、ご連絡をくださったということに感謝の気持ちでいっぱいです。だって、会ったことない人に連絡するって結構ハードル高いですよね、、?しかもその知らない相手に留学の相談をしたり、大事な出願書類を託す、、、私だったらなかなか勇気が出ないかもしれません。意を決して(?)ご連絡くださる皆さまに感謝です。

サービス内容については、代金に見合うだけのものを提供できていると自負しております。

出願書類のネイティブ添削では、担当者が毎回本当に頑張ってくれて、文法や単語のチェックはもちろんのこと、

-話の流れをスムーズにするために段落構成に手を加えたり

-伝わりにくい英文の意図を汲み取ってより良い英文に書き直したり

-こういう情報を付け足してみては?と提案したり

というようなことをおこなっています。

また、私自身も添削者に原稿を丸投げしている訳ではなく、必ず目を通すようにしています。それで、例えばネイティブスピーカーには意味がわかりにくい英文でも、日本語話者の目線から「こういうことを言いたいのかな?」というのがわかったりするので、それで添削者と話し合いながら作業を進めていくこともあります。

このようにして取り組んできた結果、ご依頼者さんがとても満足してくださって「追加でこれも添削してください」というご連絡をいただくことも多いです。添削を担当してくれているのは大学院で出会った友人3名ですが、今では彼女らを熱心に仕事に取り組んでくれるビジネスパートナーとしても信頼しています。

オンライン留学相談では、ご依頼者さん一人ひとりの状況に合わせてフレキシブルに内容を変えています。大学院の出願書類に書く内容を一緒に考えたり、私自身の経験を共有したり、オランダ生活やインターン探しに使えるウェブサイトを紹介したり、、、様々です。オンライン留学相談の良いところは、実際の経験者から話を聞けること、そして、第三者目線の意見が得られることだと思っています。

このブログ自体が「社会人留学」をコンセプトにしているので留学相談のご依頼をくださる方もほとんどが社会人の方なのですが、皆さん本当に多種多様なバックグラウンドをお持ちで、普段出会うことがない方々とお話しすることができて私も勉強になって楽しいです。

今後も、オランダ留学や社会人留学をお考えの方をお手伝いできればと思っています。どうぞよろしくお願い致します!

↑↑↑いつもお世話になっています、地球の歩き方。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【オランダ留学体験談】Vrije Universiteit Amsterdamの場合

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます。おかげさまでオランダ留学体験談も4回目を迎えました。オランダ各地の留学経験者の方が体験談をシェアしてくださっています。

今回インタビューさせていただいたのは、Vrije Universiteit Amsterdam (アムステルダム自由大学)の博士課程を修了された本谷友作(ほんたに・ゆうさく)さんです。当ブログの読者さんの中には、海外大学院の修士課程だけでなく博士課程を検討されている方もいらっしゃるので、たくさんの方にお役に立つ記事となること間違いなしです!特に、博士課程に関する日本と海外の違いは興味深いですね。それでは、本谷さんのアムステルダムでの留学生活について詳しく聞いてみましょう!

留学先の学校名と留学期間を教えてください

アムステルダム自由大学 理学部物理学科

(Department of Physics and Astronomy, Vrije Universiteit Amsterdam)

博士課程修了

留学期間:2014年2月~2018年7月

どのようなプロセスを経てオランダでの博士留学を決められましたか?

私は日本で学士号と修士号を取得したのですが、学部4年生の終わり頃から博士課程での海外留学を考えていました。ヨーロッパでは日本やアメリカと異なり、大学単位ではなく研究室単位で博士課程学生の募集を行うのが一般的です。募集は通年行っています。博士課程の学生を雇いたい研究室は、求人サイトに求人を出します。求人サイトはいくつかあるのですが、私は学術誌のNatureのグループが運営しているNaturejobsというサイトを通じて、オランダとドイツの2つのグループに応募しました。面接等を経て両方の研究室からオファーをいただいたのですが、最終的にボスの人柄、研究グループの雰囲気、そして街の雰囲気でオランダ留学を決めました。博士課程の場合は入学試験などはなく、就職活動に近いと思います。

オランダに博士留学をするメリットは何ですか?

まずは、給与が出ることです。(理系の博士学生に給与が出ない先進国は日本くらいなのですが、それは日本ではあまり知られていません。)オランダでは年間3-4万ユーロほどの給与でしたが、これは博士学生としては世界的に見ても比較的高い水準だと思います。

 また、国際感覚を身につけられることも大きなメリットです。オランダの研究グループは多国籍で、ヨーロッパ各国はもちろん、他の大陸からも多くの博士課程の学生や研究者が集まります。それぞれが異なる価値観や考え方を持っており、彼らから多くのことを学びました。科学者として早い段階で多様なものの見方を学べたことは幸運だったと思います。

「通学路。天気がいい日は空を見ているだけで飽きません。」

オランダでの研究生活で印象に残っていることや苦労したことを教えてください。

オランダの研究生活で一番いいなあと思ったところは、教授も学生も縦関係でなくフラットなところです。オランダでの研究においてヒエラルキーを感じたことは1度もありません。英語もロクにできない博士課程1年目の日本人が訳のわからない発言をしても、決してないがしろにされることはありませんでした。

 苦労でないですが、初めは休むことに抵抗がありました。オランダは有給休暇が多く、ボスも同僚も夏は1か月くらい休暇を取ります。それでは研究がストップするのではと思い長期休暇をためらっていたのですが、思い切ってとってみると案外1か月くらい休んでも大したことはなく、リフレッシュできるのでかえって仕事が進む気がしました。

オランダで生活する上で困ったことはありましたか?

冬の暗さには驚きました。渡蘭したのは2月だったのですが、毎日暗いうえに結構な風雨でしたので、すごいところに来てしまったなあと思った記憶があります。ただそれも2週間くらいで慣れたと思います。

 あとは日本から担いでいった自転車が1週間で盗まれました。ショックもありましたが、それよりも海外に来たんだという実感を得た出来事でした。オランダは比較的治安はいいと思いますが、自転車に関しては日本の比じゃなく、気を抜くとすぐに盗まれます。ボロいママチャリにもゴツいチェーンロックが必要です。

アムステルダムのお気に入りスポットを教えてください。

スポーツバーにはよく行っていました。平日夜にサッカーのチャンピオンズリーグの試合があるので、よく仕事終わりに同僚とLeidsepleinのバーに行ってサッカー観戦してました。他にもアムステルダムには雰囲気の良いバーがたくさんあり、ビール好きとしてはとてもいい時間を過ごせました。

「2014年ワールドカップ時のLeidspleinの一角。オランダの躍進もあり、スポーツバーで盛り上がりました。」

博士課程修了後のキャリアはどのような決め方をされましたか?

私は科学者以外の職業は考えませんでしたが、博士号取得後の研究テーマを具体的に決める必要がありました。学会などで積極的に色々な分野の科学者と話すことで、自分が次にやりたいこと、やるべきことを明確にできたと思います。また、さらに異なる文化での研究生活を経験してみたかったこともあり、アメリカの研究室を対象に科学者としての職探しをしました。その結果、現在はアメリカのコーネル大学で博士研究員として勤務しています。

本谷さんがよく足を運んでいた当時の、にぎやかなLeidspleinの通り。コロナが収束してまたこのようなにぎわいが戻ることを切に願います。

ということで、本谷さん、アムステルダム自由大学での博士課程の様子がよくわかるエピソードをありがとうございました!「今回のインタビューを通してオランダ生活を思い出し、良い時間を過ごしていたんだなと改めて実感しました。」というお言葉もいただき、私も嬉しかったです。そして、留学生活というのはやはり掛け替えのない貴重な時間なんだな、、ということを私自身も再認識することができました。ありがとうございました!

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

英語で「あ、ほんまに?」とリアクションしたい時の言い方

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。

突然ですが、次のようなリアクションを英語でしたい時、皆さんは何と言いますか?

A:「私、アムステルダムに住んでたんだよね」

B:「あ、ほんまに?」(←「あら、そうなんですか?それは意外ですね。」の意。)

日本を出る前、私はこういう場面で “Really?”と言っていました。まさに「ほんまに?」の直訳です。

それも決して間違いではないと思うのですが、”Really?”が実際に使われる場面を見ていると、

「にわかには信じがたいけど本当にそうなのですか?」

みたいなニュアンス(↑この日本語は堅すぎるけど笑)で使われている感じがします。つまり、心の底から「本当にそうなの?」と尋ねたい時の表現というわけです。

でも、上に書いた「あ、ほんまに?」は、事実かどうかを確かめるというよりはただの相槌ですよね。相槌なんだけど、少しの「驚き」も併せて表現したい、という感じ。そんな時は何と言うか?

A: “I lived in Amsterdam.”

B: “Oh, did you?

はい、これです。「そうなの?」とそのまま質問し返すようなイメージですね。

だから、過去のことについて言う時は過去形(Did you?)になるし、現在の話だと現在形(Do you?)になるし、第三者のことを言う時はそれに合わせて主語も変わります(Does he?など)。いくつか例を挙げてみます。

A: I love falafel.(ファラフェル大好き)

B: Do you? Me too!(そうなの?私も!)

A: She speaks 8 languages.(彼女、8ヶ国語喋れるんだって)

B: Does she!? Amazing! (マジで?すごいね!)

A: I can do the splits.(私、180度開脚できます)

B: Can you? You should show me!(ほんとに?見せて見せて!)

A: Do you know we live very close?(私たち実はご近所って知ってた?)

B: Do we!? Come over for dinner!(え、そうなの?ディナーにおいでよ!)

と言う感じです。時制や主語などによって形は変わりますが、「そのまま質問し返す」というパターンは同じです。

まぁ、簡単そうに言っていますが、私は自然にこれができるようになるのに約1年かかりました、、、汗

だって、いちいち考えちゃうんですよ。「えーっと、、I livedって言ってるからDid you?でいいんやんな、、?」とか。

私にとっては、慣れるまではなかなか難しいものでした。

皆さんも相槌を打ちたい時ぜひ使ってみてください!

↑↑↑タイトルがわかりやすくていいですね。まぁ、実際オランダで18時まで仕事してたら「え、めっちゃ仕事するやん!」と言われそうですが。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/