インターンシップの仕事内容

海外就職
海外就職

今日はオランダでのインターンシップの仕事内容について書いてみたいと思います。

まず、現在の私の状況ですが、大学院修士課程の単位(の一部)を取るためにインターンシップをしつつ、卒業のために必須となる修士論文を書いているという状況です。

私がインターンとして働いているのは、アムステルダムの隣町、アムステルフェーンにあるインターナショナルスクールです。肩書はMarketing and Communication Internとなっています。簡単に言うと学校の「広報」になると思いますが、日本の高校で広報をしていた時と比べて、よりビジネス的な視点を求められているという印象です。ターゲット層にどうアプローチするか、とか、予算の管理とか。日本でも私立の学校はきっとそんな感じなのかな・・?

具体的にはどんなことをしているかと言うと、

・学校として日本人の生徒さんを増やすための戦略を具体的に考え、プレゼン。

・日々、学校のFacebookとInstagramのネタ集め。写真を撮って、投稿用の文章を書く。(私の作った英文が採用される割合は50%ぐらいです笑)

・学校の公式ブログの調整役(日本の公立校では考えられないことですが、学校のブログは外部のライターさんに委託されています。テーマに沿って必要な情報を先生やスタッフから集めてライターさんに送ったり、変更してほしい個所を伝えたり、しています。)

・学校の日本語ブログ立ち上げ

・(コロナのせいで幻となってしまいましたが)オープンデーの企画

・校内のいろいろなポリシー(個人情報保護について、など)の編集、整理

・スタッフ向けニュースレターの編集

・Google AnalyticsやFacebook広告のオンラインコースを受けて、オンラインマーケティングに対する理解を深める

こんな感じですかね。FacebookやInstagramに載せる内容を求めて校内を歩き回り、いろんな生徒さんや先生と話ができるのはとても楽しいです。やっぱり子どもやティーンエイジャーと関わるのは楽しいし、先生たちから授業の話を聞くのもわくわくする!それから、Google Analyticsなどのコースを受けてウェブサイトや広告の仕組みが理解できて、ミーティングの内容がわかるようになってきたのも楽しい。あとは、オランダに住んでいる日本人の方に何人も会って話を聞いて、こんな人生もあるのか~と驚いたり。

このインターンシップを通して、また見える世界が広がっている感じがして嬉しいです。

よければ、下記から学校の日本語ブログも覗いてみてください!学校の雰囲気を感じていただけると思います。

Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ
オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

オランダでの生活やインターンの探し方などについてご質問がございましたら、お気軽にコメントいただくか、ryugaku.sodan.cv.tensaku★gmail.com(★は@マーク)までご連絡ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました