社会人留学のリアルなお金事情 〜とりあえず行けばどうにかなる?〜

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

このブログのアクセス解析を見ていると、「オランダ 留学 費用」などお金に関するキーワードで検索してたどり着いてくださる方が一定数いることがわかります。お金って、留学を考えた時に絶対に避けて通れない問題ですもんね。

以前、1年間のオランダ大学院留学で約350万円かかったという記事を書きました。

恥ずかしながら告白するんですが、私は留学開始時点でこの額が全部手元にあったわけではありません。オンラインでの仕事やオランダ政府からもらえる家賃補助などを当てにして、「まぁとりあえず行けば何とかなるだろう」という甘い気持ちでオランダに来ました。結果的には何とかなったわけですが、これは色々な要因が重なって何とかなっただけなので、おすすめはしません。(まぁ、そんなカツカツの状態で留学を決行しちゃうのって私ぐらいだと思いますが、、)

留学費用が何とかなった要因その1:コロナ

実は、支出を抑えられた大きな要因の一つが、コロナです。オランダの大学院に留学して半年で第一次ロックダウンが始まりました。レストランが閉まっているから外食しないし、そもそも人に会わない。その結果、食費や交際費が安く済む、ということです。さらに、国外に旅行できないことも資金面では「アドバンテージ」になりました。せっかくヨーロッパにいるのに色々な国に行けないのは残念ですが、もし自由に旅行できる状況だったらかなり費用がかさんでいたと思います。

留学費用が何とかなった要因その2:オンラインでの仕事

オンライン英会話の講師の仕事と、当ブログで運営している留学相談&出願書類添削にかなり助けられています(現在進行形)。

まず、オンライン英会話の仕事ですが、留学のために前の仕事を退職してからすぐに始めました。オランダでアルバイトを見つけるのはきっと難しいだろうと思っていたので、留学期間中もオンラインで続けられる仕事を手に入れておきたかったからです。結果的にこれは正解で、留学期間中も家にいながらできてスケジュールの自由もきき、なおかつ勉強の合間のリフレッシュにもなり、私にはとても合っていました。

留学相談と出願書類添削の仕事は留学期間中に独自に始めたものですが、オランダ留学についてのご質問を受けて「その視点はなかった!」という発見があったり、出願書類のチェックを通して「こんな英語表現があるんだな」と勉強させてもらったり、とても楽しいです。自分がオランダで実際に経験したことがみなさんのお役に立っていると感じるので、やりがいがあります。

そんな感じでオンラインでのちょっとした仕事を持っておくことは、収入面、精神面ともに留学中の支えになるので、特に社会人留学をされる方はぜひ仕事のアイディアを探してみてください。ランサーズやココナラなんかにも色々載っているし、ブログやYouTubeを始めるのも良いと思います。

留学費用が何とかなった要因その3:現地での収入

オランダ留学中にアルバイトを見つけるのは難しいとは言うものの、私は運良く現地で収入を得る機会に恵まれました。

一つ目は有給のインターンシップです。オランダの大学院はインターンシップが卒業単位の一部として認められることも多く、私も留学生活の後半はインターンシップ(と修士論文)に費やしました。ただ、インターンの求人をチェックしてみるとわかりますが、インターンは無給のことも多いのです。もちろん貴重な勉強の機会ではあるけれど、かなりの時間とエネルギーを費やすのに無給とは、、、。そんな中できちんと報酬を出してくれる企業でインターンに採用してもらえたことはありがたかったです。

二つ目は、日本語を教える仕事です。これは、自分で作ったチラシから舞い込んできた仕事です。オランダ留学生活の終盤、就職活動をしていた時、とりあえず仕事が欲しい一心で「英語と日本語教えます!」みたいなチラシを作って日本食材スーパーなどに置いてまわりました。すると、そのチラシを見た現地の方が連絡をくれて、日本語レッスンをすることになりました。チラシのパワーも侮れないなと感じたし、日本や日本語に興味を持っている人って意外に多いので、もっと早くからすればよかったと思いました。

三つ目は、家庭教師の仕事です。アムステルダムにお住まいの日本人のお子さまたちの、英語の勉強のお手伝いです。たまたまできた個人的なつながりから始まった仕事で、本当にありがたいことでした。私自身、全然知らなかったのですが、海外にお住まいの日本人駐在員さんのお子さまたちは、海外生活で身につけた英語を武器に英検を受けられることが多いのです(海外の主要な都市では海外受検が可能)。と言っても、英検は日常生活では使わないようなボキャブラリーが出てきたりするので対策が必要です。そこで、日本語と英語を駆使して英検対策のレッスンをさせてもらっています。

留学費用が何とかなった要因その4:オランダの住宅補助

以前から書いているように、オランダでは一定の条件を満たすと家賃補助がもらえます。私は大学院生時代は家賃588ユーロの部屋に住んでいて、補助金を毎月199ユーロもらっていました。これは本当にありがたすぎました。家賃補助の制度について詳しくは下記の記事をご覧ください。

というわけで、今日は大学院留学時代のお金事情について書きました。私の甘い見込み「まぁとりあえず行っちゃえば何とかなるだろう」は、結果的にはそうなりました。が、これは本当に運が良かっただけなので、どうぞ皆さんはお金に余裕を持って留学に臨んでください。

↑↑↑↑↑この本はシンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

——————–

*私が海外大学院の出願に使用して合格した志望理由書(英語全文+日本語解説)、質問に答えるだけで志望理由書の骨子ができるテンプレート、英文推薦状(英語全文+日本語解説)などをnoteにて公開しています。下記リンクからご覧ください。また、当ブログの出願書類添削をお申し込みいただいた方にはこれらを無料で差し上げています。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた出願書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

欧米式、歯のお手入れ

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

さて。オランダに来て以来、ずーっと気になっていたことがあります。それは、、、

なんでみんなそんなに歯が綺麗なの?

ということです。「みんな」というのは私が大学院や就職先で出会った人たちなんですが、基本的に欧米出身の人は歯並びがとても綺麗だし、なんとなく歯の色も白く輝いている気がします。私自身が歯並びにコンプレックスがあるので余計にそう感じるのかもしれないですね。

欧米人の歯が綺麗な理由として最も大きいのは「そういう文化だから」という点だと思います。つまり、歯を美しく保つことが身だしなみとして非常に重視されているということですね。

その結果として、幼少期に歯の矯正をすることがとても一般的なようです。これまで友人や同僚の数人に「歯の矯正してた?」と聞いてみたのですが、全員「イエス」でした!日本では歯の矯正というと保険もきかず、高額なイメージがありますが、欧米では日本よりは手軽にできるお値段なのでしょう。実際、オランダでは歯の矯正もカバーしてくれる健康保険(オプション)もあります。

もうひとつ驚いたのは、歯のお手入れとしてフロスを使うことが浸透しているということです。どれくらい浸透しているかというと、小学校に地元の歯医者さんが来て歯磨きの仕方を教えてくれる「歯磨き教室」で、”フロスはこうやって使うんですよ〜”というコーナーがあるくらい一般的です。私の記憶では、小学校はおろか、そもそも「フロスの使い方」を人様から教えてもらったことは人生で一度もないです。今どきは日本の小学校でもフロスの指導があるんでしょうか、、、?幸いにも、大人になってから何かのきっかけがあってフロスを使い始めた私ですが、初めてフロスで歯の間を掃除したとき、汚なすぎて引きました(笑)え、歯ブラシで磨くだけじゃなんにも汚れ落ちてないやん、と。もちろん歯の表面をブラシで磨くことも大事なんですが、同時に歯と歯の間のお手入れをするのも欠かせないんですね〜。

ちなみに以前オランダで歯医者さんに行ってみたときは、フロスもいいけどこっちもいいよ、と歯間ピックを勧められました。フロスよりも太くて最初は少し痛いですが、慣れてくるとこれもがっつり汚れが取れるので気持ちがいいです。(↓↓画像をクリックするとAmazonのリンクにつながります)

そしてそして、、、このブログを始めて以来、ずーっとおすすめとして載せたかったのですがどのタイミングで書けば良いかわからず載せられなかったものをご紹介させてください。どどん!パナソニックのジェットウォッシャー!歯のお手入れにすっごくおすすめです。

オランダには持って来なかったけど、私も日本で3年間くらい愛用していました。強い水流で歯と歯の間の汚れまでさっぱり洗い流してくれて(時々食べカスなども出てくるのでこれまた引きます)、終わった後は歯がツルッツルになって(感動の舌触り!)、週一回くらいのペースで使うのが楽しみでした。難点としては、水が飛び散りやすいことですかね。もう今は改良されているかもしれませんが。ですが、その難点を差し引いても本当におすすめなので、ぜひ一度チェックしてみてください!(↑↑画像をクリックするとアマゾンのリンクにつながります。)

というわけで、最後は欧米の歯のお手入れの話からズレてしまいましたが、とにかくどんな方法でも良いので歯のお手入れをしっかり頑張ってまいりましょう、ということで今日は終わりたいと思います。

——————–

*私が海外大学院の出願に使用して合格した志望理由書(英語全文+日本語解説)、質問に答えるだけで志望理由書の骨子ができるテンプレート、英文推薦状(英語全文+日本語解説)などをnoteにて公開しています。下記リンクからご覧ください。また、当ブログの出願書類添削をお申し込みいただいた方にはこれらを無料で差し上げています。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた出願書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

アムステルダム近郊の漁村、フォーレンダムに行ってみた

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

先日、アムステルダム近郊の小さな漁村、フォーレンダムに行ってきました。アムステルダムからサクッと行けてのんびりとした時間を楽しめたので、その時の様子をご紹介したいと思います。

最初に申し上げておきますと、この村、一応観光地として有名ではあるみたいですが、見所はそんなにありません…。ただ、私のような「海が好き」「シーフードが好き」「可愛い街並みの中を歩き回りたい」という方にはアムステルダムからの日帰り旅にうってつけの場所です。

※シーフードに関しては、2021年4月現在、コロナによる規制でレストランが閉鎖中のため、テイクアウトの食べ物のみ楽しむことができます。

アムステルダムからフォーレンダムへの行き方(バス)

アムステルダム中央駅2階のバスターミナルから316番のバスに乗ります。Volendam centrumまで、30分ほどで着きます。OV chipkaartを持っていればそれで乗れます。持っていない方は、中央駅構内の自動券売機(public transportationと書いてある機械)で切符を購入します。

メインストリートHavenをぶらぶら

バスを降りると、まず可愛らしいフォーレンダムミュージアムが目に入ります。私は中に入っていないのでわかりませんが、ここに観光案内所も併設されているようです。

そこから海側に歩く途中、土曜マーケットが開かれていました(とても小規模)。

さらに海側に進むと、メインストリートであるHaven通りに着きます。

コロナの時期でなかったらもっと混んでいたと思いますが、それでも人通りは結構多く、皆思い思いにのんびりと海を眺めたり、食べ歩きを楽しんだりしていました。

私は、キベリングという鱈のフライみたいなものと、パーリングという鰻の燻製が挟まったサンドイッチを食べました。サンドイッチと言うからにはレタスの1枚や2枚くらい一緒に挟まっているのかなと思いきや、本当にパンと鰻のみ。それがなんかすごくオランダっぽいなぁと笑っちゃいました。鰻自体は脂が乗っていてジューシーでとても美味しかったです!

絵になる街並みを写真に撮って楽しむ

文字通り海沿いの村なので、海側から見た可愛らしい家々がとても素敵!

メインストリートとバス乗り場の間のエリアにある住宅地は、街並みがテーマパークの中みたいな感じで歩き回るだけでもワクワクします。

運河と橋がいたるところにあります
可愛くデコレーションされたお家

ちなみに、私は勇気がなくてしませんでしたが、オランダの伝統衣装を着て写真を撮るというのもフォーレンダムで人気のアクティビティーのひとつです。写真屋さんがそこかしこにあります。ちょうど同じ日に知り合いの日本人ご一家がフォーレンダムに行って写真撮影をされていて、お写真を見せてもらったのですが女性の衣装が特にとっても可愛かったです。次は私もチャレンジしたいです!

ということで、今回はアムステルダムから日帰りでいける人気スポット、フォーレンダムについて書きました。機会がありましたらぜひ行ってみてください!

↑↑地球の歩き方は情報量の多さが魅力ですが、目で見て楽しめる「るるぶ」も良いですね!(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

オランダ留学の健康保険〜日本で入る?オランダで入る?〜

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、そして現地就職をしたChisakiです。今日は海外留学に必須の健康保険について書いてみたいと思います。

選択肢1:日本の留学生用保険に入る

私自身は、アムステルダム大学に留学する際、日本から留学生用の保険に入って行きました。というのもそれ以外の選択肢があることを知らなかったからです。私が入った保険の内容は留学生保険の標準的なもので、金額は1年間で16万円程度でした。結果的にはオランダで何度か行った病院の費用は全てカバーされ、手続きもスムーズだったため、特に不満が残ったわけではありません。

選択肢2:オランダの健康保険に入る

留学期間が終わってこちらで働き始める時に、健康保険を現地のものに切り替えなければいけませんでした(オランダで働く人はオランダの健康保険に入ることが必須)。それで色々調べているうちに、留学生の立場でも現地の保険に入るという選択肢があったんだということに気付きました。

まずオランダの健康保険の仕組みを理解する必要があるのですが、日本とは違っていて、私は理解にちょっと時間がかかりました、、、簡単に言うとこんな感じだと思います。

日本=病院で治療を受けるたびに医療費を支払う。基本3割負担。

オランダ=年間の上限額までは医療費を全額自分が支払う。上限額を超えた分は保険会社が負担してくれる。この上限額というのは自分で設定することができ、2021年度は標準で385ユーロ。(上限額を高く設定すればするほど保険料が安くなるので、あまり病院に行かない人は上限額を高く設定することで保険料を抑えられる。)

肝心の保険料は、基本プランは月100ユーロ前後です。そこに歯科治療や眼鏡、コンタクト代などのオプションが加わってきます。私は現在、諸々のオプション込みで月120ユーロ払っています。

つまり年間に支払う額としては、基本プランにだけ入るとしたら

100ユーロ×12ヶ月=1200ユーロ(約15万円)

となります。

もし何らかの理由で病院にかかったとしても、自己負担額を385ユーロ(最低額)に設定していれば、基本的にはそれ以上支払うことはありません。

オランダの保険を勧める理由:補助金がもらえる!

金額的に考えると日本の留学生用保険もオランダの健康保険もあまり変わりないし、何かあった時は日本語で手続きできる方が安心だし、留学生用保険の方がロストバゲッジなんかの保障もついてるし、、、やっぱり日本の保険の方がいい!それもその通りだと思います。

ただ、徹底的に留学コストを抑えたい!という方もなかにはいらっしゃいますよね。(私もそうでした。)

そこで知っておいてもらいたいのが、オランダの健康保険料補助金Healthcare allowance)の制度です。オランダの居住許可を持っていて、オランダの健康保険に入っていて、なおかつ収入が一定以下だと、月100ユーロ程度の補助金がもらえます。以前に書いたオランダの家賃補助制度と合わせると、資金の限られた留学生にとってはかなりありがたい金額になりますよね!私は留学生として来た時は健康保険料補助のことを全く知らなかったのですが、もし知っていたらオランダの保険を選んでいたと思います。

ただ、オランダの健康保険だと、留学生用保険によくある緊急時の帰国費用などはカバーされないので、そこはそれぞれの考え方でご自身に合ったものを選んでくださいね。

というわけで、今回は留学準備中の皆さんに少しでも情報提供をしたくてオランダの健康保険について書きました。ここに載せた諸々の情報は確認を取ったつもりではありますが、例外や、時間が経つと変更される事項もあります。ですので、正確な最新情報はご自身でお確かめください!この “I Am Expat”のページがわかりやすいのでリンクを貼っておきますね。緊急時の帰国費用などもカバーしてくれる、留学生向け保険プランも紹介されています。

https://www.iamexpat.nl/expat-info/insurances-netherlands/dutch-health-insurance

オランダの保険会社を比較できるこのサイト(Zorgwijzer)も便利です。年齢やオプションなどを入力すると、最適なプランが提示されます。

https://www.zorgwijzer.nl/zorgvergelijker/english#/search

オランダ留学や生活についてご質問などがございましたら、お気軽にコメントください!

↑↑いつもお世話になっている地球の歩き方。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【VIO脱毛】オランダでブラジリアンワックスをやってみた

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます。

先日、人生初のVIO脱毛をオランダでやってみました。VIOゾーンの脱毛はこれまで一度もしたことなかったし、ワックス脱毛も初めての経験だったので少し怖い気持ちもありました。が、実際やってみた感想としては

  • 肌がすべすべになって爽快
  • 思ったより痛くなかったのでまたやりたい

でした!それでは、オランダでブラジリアンワックスを受けた時の様子を詳しくレポートしていきます。

ヨーロッパの脱毛事情

まず、オランダやヨーロッパでの脱毛に対する意識はどんな感じなのでしょうか?

私が友人や同僚から聞いたところでは、VIOゾーンについては基本的には何かしらのお手入れをするのがスタンダードなようです。全部脱毛してツルツルの人もいれば、一部だけ残す人、デートの前だけお手入れする人など、パターンは色々です。お手入れの方法も、サロンでワックスやレーザー脱毛を受ける人、自分でカミソリで処理する人など、様々。

今回私にブラジリアンワックスをしてくれたオランダ人のお姉さんなどは、日本ではVIO脱毛やってる人あんまりいないよ、と言うとすごく驚いていました。

そんな感じでヨーロッパではVIOのヘアをお手入れするのが一般的なようですが、驚いたことに腕はみんなフッサフサのままです。日本では腕や足はお手入れをする人が多いので、逆ですね。

初めてのブラジリアンワックス in オランダ

そうやってヨーロッパの脱毛事情について聞いているうちに、なんとなく私もやってみようかなぁという気持ちになって、サロンでブラジリアンワックスを予約(ブラジリアンワックスと言うと普通はVIO脱毛の意味)。帰りに歩けないほど痛かったら嫌なので家のすぐ近くのサロンにしました。

サロンに着くと、早速こんな感じの個室に案内されました。上の服以外は全部脱いでね〜と軽やかに言われ、すごく心許ない状態でベッド上に待機。ほどなくしてお姉さんが戻ってきて、体勢を指示されます。仰向けで両膝を曲げて外に倒し、カエルみたいな体勢になりました。繰り返しますが上半身しか服は着ておりません、、。え、恥ずかしい、、!とか思う間も無く、お姉さんはサクサク準備を進めていきます。

この黒いのがワックスです。温かい時はクリーム状で、冷えるとゴム板みたいな感じに固まります。これを脱毛する箇所に塗って、固まったら一気に剥がし、毛を取り除いていきます。いや、絶対痛いやん、、。でももう後には引けない、、。

お姉さんは、じゃあ始めるね〜とにこやかにワックスを塗り始めました。いよいよか、と身構えていると、

“Inhale! (息吸って!)”と言われて

「すぅ〜」

“Exhale! (息吐いて!)”

「ふぅー」

ペリッ!

、、、”Are you OK?”

あれ?あんまり痛くない、、、

一度で全部取れるわけではなく、数センチずつワックスを塗って進めて行くので、この「吸って、吐いて、ペリッ!」を20回くらい繰り返しました。箇所によってはすごく痛くて「痛い痛い!」と叫びましたが、それでも叫びながら笑っていられるレベルなので大丈夫でした。この辺の痛みの感じ方についてはかなり個人差があるのではないかと思いますが。

約15分であっという間にVラインとIラインは終了。チェックしてみて(^^)と鏡を渡され、びっくり!本当に、何もない、、、。これがヨーロピアン女子のスタンダードか、、。

次はOラインですが、うつ伏せになって自分でお尻のお肉を持ち上げてと言われ、痛みもなく「もう終わり?」と言っちゃうくらいすぐ終わりました。

最後に、ケア方法を聞いておしまいです。当日中は熱いお風呂に入ったりスポーツをしたりしないことと、週2回スクラブで角質ケアをすること、そして毎日保湿をしっかりするようにと言われました。VIOゾーンを保湿するという発想が今までなかったので、しっかりケアしていこうと思いました。

今回初めてブラジリアンワックスを試してみて、とても清潔感があるというか爽快で、新しい世界が見えた気がしました(笑)やってみてよかったです。

ということで、この記事ではオランダで脱毛サロンに行ったときのことについて書きました。オランダ留学や生活についてご質問などがございましたらお気軽にコメントください。

↑↑パナソニックのVIO専用シェーバー。そんなに頻繁にブラジリアンワックスに行くわけにもいかないから、自分でお手入れする用にシェーバーが欲しいなぁと思う今日この頃。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

オランダで各国料理を作ってみた その5. ラザニア

毎日の献立にバラエティーをもたらしてくれるお料理キット。スーパーで簡単に手に入り、世界各国のお料理が手軽に再現できるので気に入っています。今回作ったのは、ラザニア。言うまでもなくイタリアのパスタの一種ですが、考えてみるとこれまで一度も自分で作ったことがなかったのでチャレンジしてみることにしました。まず、ラザニアの定義を再確認してみましょう。

ラザニアとは、イタリアのナポリの名物である平たい板状のパスタの一種、またはそれを用いたパスタ料理。料理を指す場合は、深さのある耐熱容器に、ベシャメルソース、ミートソース、ラザニア、チーズを何層か重ね、最上段のベシャメルソースに焼き色がつくようにバターを乗せて、オーブンで焼いたもの。(Wikipediaより)

ふむふむ。いかにも手間のかかりそうな料理ですね〜。だからきっと自分で作るという発想になったことが一度もなかったんだな。

用意した材料は、ひき肉、パプリカ、玉ねぎ、マッシュルーム、ジャガイモ、チーズ、牛乳です。野菜は何でもお好みのもので良いと思います。

キットの内容はこんな感じで、パスタとスパイスがセットになっています。

まずは野菜を適当な大きさに切って、お肉とともに火を通します。火が通ったらスパイスを投入。

全体がなじんだら、牛乳と水(2:1)を入れます。ここで結構水っぽい感じになって、これで大丈夫なの?という気持ちになるのですが、箱にしっかり「水っぽくなるけど心配しないで!」と書いてあります。この水分をこの後パスタが吸って、調理されるんですね。

出来上がったソースとパスタ、チーズを、耐熱皿に順番に重ねます。

最上段はチーズでフィニッシュ。さっきのWiki情報だと一番上に来るべきはチーズではないようですが、そこは個人の好みで良いですよね。では、いよいよオーブンで焼いていきます。

190度で約35分焼いて、美味しそうに仕上がりました!

切ってみると、、、何となくですが層ができていて感動!

食べてみると独特のハーブっぽい風味がひき肉とマッチしてとても美味しかったです。これぞイタリアン!という感じの味(←説明下手)。このハーブっぽさはなかなか自分では出せないなぁと。ですが、この味が自分でも手軽に作れたらいいのにと思って調べてみたら、どうやら正体はオレガノでした。早速スーパーでオレガノを買ってきてトマトソースなどに使ってみると、いい感じ。自分の中で使える調味料のバリエーションが増えてよかったです。

ということで、今回はラザニアを作ってみました。手間のかかる料理というイメージでしたが、思ったよりもずっと手軽にできて嬉しかったです。これからも料理のバリエーションを増やしていきたいです!

↑↑日本にいた時、この本を見ながらスペイン料理や台湾料理など手軽にできそうな各国料理を作って楽しんでいました。今改めて目次を見てみるとラザニアも載っているのですが、手間がかかりそうということで当時は見向きもしていませんでした、、、。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

おすすめの英語絵本 “The Day the Crayons Quit”

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。今日は久しぶりの英語の絵本シリーズです。

アムステルダムのインターナショナルスクールで仕事をする中で、お気に入りの英語の絵本がますます増えて来ました。当初は「あんまり荷物を増やしちゃダメだから。。」と買うのを我慢していましたが、最近では逆に積極的にコレクションを始めてしまい。。。本当に、手元に置いておきたくなる素敵な絵本に次々と出会うので困っています。。。

今回ご紹介するのは、”The Day the Crayons Quit” という絵本。「クレヨンからのおねがい!」というタイトルで日本語版も出ているので読んだことがある方も多いかもしれませんね。絵本の内容を一言で言うと、「社員(クレヨン)が社長(持ち主)に不満を直談判!」という感じです(笑)クレヨンたちが持ち主の男の子(Duncan)に手紙を書き、各々の思いを訴えています。それぞれの色のクレヨンが訴える内容がどれもユニークで、なるほどねと思わされたり、そこ?と突っ込みたくなったり、とても楽しいです。

例えば、赤いクレヨン。超ブラックな長時間労働に怒っていて、”I need a rest!”と訴えます。赤はイチゴや消防車などただでさえ出番の多い人気色ですが、クリスマスにもサンタさんの服を塗らなきゃいけないので大忙しです。せっかくのホリーデーシーズンに休暇が取れません。

他にも、黄色とオレンジが「我こそが太陽の色だ!」とケンカしていたり、黒が「ふちどりにしか使ってもらえないのはもうイヤ!たまにはカラフルなビーチボールをやめて真っ黒のビーチボールでも描いてみれば?」と強気の提案をしてみたり。各ページのイラストも、本当にクレヨンで小さい子が描いたようなタッチが可愛くて癒されます。

英語のビギナー向けとして使うには少し文章の量が多いですが、そんなに難しい単語は使われていないので、イラストも見ながら「このクレヨンはどういうことを訴えているのかな?」と考えながら読むと楽しめます。とってもおすすめなのでぜひ読んでみてください!

(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

オランダで自転車を買う方法いろいろ

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。

オランダといえば自転車大国。道路は必ずと言っていいほど「自動車」「自転車」「歩行者」の3つのレーンに分かれており、土地が平坦なことも相まって、自転車が立派な交通手段として確立しています。

私は、オランダに来る前は、うーん自転車ねぇ〜、、、とあまり乗り気ではありませんでした。が、いざ来てみると、

安い!(バスやメトロなどを使うと交通費が高くつく)

速い!(小回りがきいてどこにでも行きやすい)

健康的!(体を動かせる)

と三拍子揃う自転車は日々の生活に無くてはならないものとなりました。

そんな便利な自転車ですが、オランダで入手する方法はいくつかあります。

1. Swapfietsなどの定額制レンタル自転車

毎月決まった額を払って自転車をレンタルするという形です。私も今はこれを利用して自転車に乗っています。サービスを提供している会社はいくつかありますが、オランダ全土に展開するSwapfietsを使っています。

青いタイヤがSwapfietsの目印!

私が利用しているのは一番ベーシックなプランで、月16.5ユーロを払っています。利用登録をしている間はその自転車を自分のものとして使用でき、タイヤがパンクした場合などにも基本的には無料で対応してもらえます。鍵を掛けずに放置して盗難にあった場合などにはいくらか払わないといけないようですが、あまりに有名で目立つ自転車なので盗難されることも少ないと聞きました。レンタルなので、不要になれば連絡してすぐに引き取りに来てもらえるのも大きなメリットです。

デメリットと言えば、基本的にオランダ人の身長を目安に自転車が用意されているので、身長が低めの方にはサイズの合う自転車がない可能性があるということでしょうか。私自身は身長158センチで、最初に自転車を配達してもらったとき”This is the smallest one.”と言われたにも関わらず乗ってみるとギリギリ足が着くか着かないか、という感じでした。最初は少し怖かったものの、もう慣れましたが。

2.Facebookグループで中古品を買う

これもオランダで自転車を入手するメジャーな方法です。フェイスブックで”Amsterdam bike”などと検索すると、中古自転車の売り買いをしている人のグループがたくさん出て来ます。私も一度そのグループで自転車を買ったことがありますが、先程のレンタル自転車と違い、運よく自分の身長にぴったりの自転車を見つけることができました。購入前にメッセージを通して細かい質問もできたのでよかったです。新品とは言えないまでもとても良い状態の自転車で、チェーンロック込みで70ユーロでした。1年ほど乗り回したのでとてもお買い得だったと思っています。

お世話になった愛車

ただ、ちょうど良いタイミングで自分に会った自転車が出品されるか、というのはかなり運任せですよね。また、商品引き取りの際も知らない人の自宅などに行かなければいけないので、信頼できる人について来てもらうなど工夫が必要です。

3.屋外マーケットで中古品を買う

例えば、アムステルダムではワーテルロー広場で毎日のように蚤の市が開かれていて、自転車もたくさん出品されています。マーケットをぶらぶら見て回りながら自分に合いそうなものがあれば試しに乗らせてもらうなど、気軽に見に行けるのがメリットですね。ただ、全体的に商品はボロいです。また、売られている自転車の多くは盗難されたもの、という噂も。私はオランダに来て初めての自転車をこのマーケットで買いました(当時はSwapfietsやFacebookグループのことを知らなかったので)。オランダでは珍しく手元にブレーキがあるタイプでサイズ感もちょうど良いものを見つけたので、170ユーロから100ユーロにまで値切って購入しました。↓↓当時の記事はこちら。↓↓

4.自転車屋さんで新品を買う

はい、最後はこれです。ここまで中古自転車の話ばかりして来ましたが、もちろん街中にたくさん自転車屋さんがあり、しっかりした造りのきらびやかな新品自転車が並んでいます。どれも結構なお値段ですが、やはりその分サドルの座り心地が良かったり、ギアがついていたりと、それだけの価値はあるように思います。留学などで短期滞在の場合は高くついてしまいますが、ある程度の期間をオランダで過ごすなら自分にあったこだわりの自転車を購入するのもアリかもしれません。

ということで今回はオランダで自転車を手に入れる方法について書きました。オランダ生活についてご質問などがございましたらお気軽にコメントください!

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【よくある質問】オランダ留学後に現地に残るのは難しいですか?

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。

オンライン留学相談などをしていてよく聞かれるのが、「オランダで大学院を修了したあとに現地に残るのは難しいですか?」という質問です。

私自身、仕事を辞めてオランダ留学を始めた当初は大学院(修士)を終えたらすぐに日本に戻るつもりでした。しかし、生活しているうちに「やっぱりもう少し居たい」という気持ちが芽生えてくるもので、結果的にそのままオランダで就職して現在に至ります。

その経験や周りの友人たちの状況を踏まえ、最初の質問にお答えします。

「難しいです。」

いや、物理的に「残る」のはそんなに難しくはないんです。”Orientation Year Visa“を取れば1年間の滞在許可は得られるので。ですが、仕事も何もなくただただ滞在し続けるというのはいろんな意味で難しいですよね。

では現実的に大学院(修士)を終えたあとに現地に残るにはどういう選択肢があるでしょうか?ざっと挙げてみます。

  • オランダで就職する
  • オランダで博士課程に進む
  • オランダでフリーランスビザを取って起業する

パッと思いつくのはこれぐらいでしょうか、、、。きっと他にもあると思いますが、、。

上に挙げた選択肢を順番に見ていくと、

まずオランダでの就職は非常に難易度が高いです。理由は言語とビザです。まず言語面では、オランダは英語が通じるとは言え、やはり現地で就職となるとオランダ語ができないと一気に選択肢が狭まります。ビザについては、日本のパスポートを持っている人を雇うとなると「他の誰でもなくこの人を雇う必要があるので!」と企業側が労働ビザを申請する必要があります。そうなると、ビザ不要で働けるEU出身者(しかもマルチリンガルが当たり前)がうじゃうじゃいる中で、雇ってもらうのはかなり厳しいです。よっぽど「この人じゃなきゃダメ!」と思ってもらえる何かがあれば良いんですけどね。

それから、博士課程に進むのも簡単ではありません。というのも、博士課程は修士課程(Master)のように「一斉に出願→合格」のような流れではなく、空きがあるポストに応募→採用、という形になるからです。つまり博士課程は「進学」というよりは「就職」みたいな感じなのです。ちなみにお給料も出ます!なので、まず自分のやりたいことに合ったポストがちょうど良いタイミングで空いているかどうかが問題です。実際、私のアムステルダム大学大学院の友人は、博士課程に進みたいけれどどこも空きがない、ということで今はとりあえず倉庫で肉体労働のアルバイトをしています。

最後に、フリーランスビザです。オランダは他の国に比べてフリーランスビザが取りやすいことで有名です。実際に私もオランダで自営業されている方を何人も知っています。ビザを取るにはしっかりしたビジネスプランといくらかまとまったお金がいるみたいなので、詳しい情報は移民局のウェブサイトをご覧ください。大学院の勉強と並行してしっかり起業の準備ができるのであれば、卒業後にこのビザを取ることを目標にするのも選択肢かもしれませんね。

ということで今回はオランダ留学終了後に現地に残る方法について、私自身の経験したことや身近で聞いたことをもとにお話しました。ご質問などがございましたらお気軽にコメントください!

社会人留学や仕事で海外に関わる全ての人におすすめの本です!(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

日常会話に役立つ受験英語3選

こんにちは!いつも応援ありがとうございます。

皆さんは、日本の受験英語は実際の英会話で役に立たないと思いますか、、、?

私は、めっちゃ役に立ちます、と声を大にして言いたいです。

(そもそも、受験英語なんてやっても無駄!と言ってる人に限ってちゃんと勉強してなかったりするんですよね。)

私はこれまでに英語の学習者、そして英語教師としてたくさん「受験英語」に触れてきました。その経験を経て海外に留学→就職してみると、単なる「受験英語」だと思っていた英語表現が実は日常会話で頻繁に使われているという場面が何度もありました。今回は私が特に便利だなと感じている表現を3つ紹介します。

Otherwise (そうでなければ)

はい、これですね。アザーワイズ。仮定法を習うときにちょろっと付け足しのように出てくるやつです。「さもなければ」という日本語訳がついていることが多いと思います。よくある例文はこんな感じ。

I left home at 7 am; otherwise I would have been late.(私は7時に出発した。さもなければ遅刻していただろう。)

この、「さもなければ」という日本語が、otherwiseという単語から親しみやすさを奪っている一因でもあると思うのですが、、、とにかくこの単語、日本を出るまではこれほど使い勝手が良いとは知りませんでした。例えばこんな風に使われます。

I usually start my online lesson at 9 am, otherwise I would never get out of my bed.(朝9時からレッスンを始めるようにしてます、そうじゃないと私、一生ベッドから出てこないから。)

Tidy up all the tables, otherwise I won’t allow you to go outside.(全部のテーブルを片付けしなさい、でないと外で遊べないよ。)

このように、この単語ひとつでその前の文を一気に否定+仮定できる(「そうじゃないと○○」)という非常に便利な表現です。

と、書いてる今もルームメイトがスムージーに使った新しいミキサーの話をしてて “I used this big one, otherwise I would have used the small one but it’s not very nice.” (この大きいのを使ったの。そうじゃないと小さい方を使ってたけど、そっちはあんまり良くないんだよね〜)と言ってました。

I would … (私なら…する)

仮定法つながりでもうひとつ。学校で習う仮定法というと、

If I were you, I would not do it.(もし私があなただったら、私はそれをしないでしょう。)

というように、Ifからセットになった「完全な」仮定法の文が多いと思います。

これを、日常会話では “If I were you”にあたる部分を全部省略して “I would …..”の部分だけで使うことがとっても多いです。例えばこんな感じ。

(これとこれどっちがいいかな?と聞かれて)

I would choose this one. It looks more beautiful. (私だったらこっちを選ぶかな。こっちの方が綺麗だし。)

とか、

(何て自己アピールしたらいいかな?と相談されて)

I would say “I’m a sociable person.”(私だったら”私は社交的です”って言っちゃうね!)

のような感じです。どちらも、「私だったら」とははっきり言ってないんですが、wouldを使うことによってこれは仮定法であると言うことを示しているので「私ならこうする」という意味になります。wouldをつけるだけでそのニュアンスが出せるので便利ですよね。

Be supposed to do… (…することになっている)

これは「ルールとして〜しなければいけないことになっている」とか「当然〜すると思われている」というニュアンスの表現です。日本語にすると長いのでなんとなく取っつきにくいのですが、日常生活でとても幅広く使われています。

I am supposed to go to the gym tomorrow. (自分の中で、明日はジムに行かないとダメって決まってるねん。)

We are supposed to leave the office as soon as we are done.(我々は仕事が終わったらできるだけ早く帰らなあかんのよ。)

She is not supposed to be here, is she?(あれ?彼女、ここにいるべき人じゃないよね、、、?)

という感じです。have toの「〜しなきゃダメ!」みたいな強い感じまではいかないし、be going to…と普通に予定を話すよりはもう少し「縛られてる感」の出る表現です。映画なんかにも結構出てくるので意識して聞いてみてください!

ということで、今回は日常会話で使える「受験英語」をピックアップしてみました。ご質問などございましたらお気軽にコメントください!

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/