欧米式、歯のお手入れ

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

さて。オランダに来て以来、ずーっと気になっていたことがあります。それは、、、

なんでみんなそんなに歯が綺麗なの?

ということです。「みんな」というのは私が大学院や就職先で出会った人たちなんですが、基本的に欧米出身の人は歯並びがとても綺麗だし、なんとなく歯の色も白く輝いている気がします。私自身が歯並びにコンプレックスがあるので余計にそう感じるのかもしれないですね。

欧米人の歯が綺麗な理由として最も大きいのは「そういう文化だから」という点だと思います。つまり、歯を美しく保つことが身だしなみとして非常に重視されているということですね。

その結果として、幼少期に歯の矯正をすることがとても一般的なようです。これまで友人や同僚の数人に「歯の矯正してた?」と聞いてみたのですが、全員「イエス」でした!日本では歯の矯正というと保険もきかず、高額なイメージがありますが、欧米では日本よりは手軽にできるお値段なのでしょう。実際、オランダでは歯の矯正もカバーしてくれる健康保険(オプション)もあります。

もうひとつ驚いたのは、歯のお手入れとしてフロスを使うことが浸透しているということです。どれくらい浸透しているかというと、小学校に地元の歯医者さんが来て歯磨きの仕方を教えてくれる「歯磨き教室」で、”フロスはこうやって使うんですよ〜”というコーナーがあるくらい一般的です。私の記憶では、小学校はおろか、そもそも「フロスの使い方」を人様から教えてもらったことは人生で一度もないです。今どきは日本の小学校でもフロスの指導があるんでしょうか、、、?幸いにも、大人になってから何かのきっかけがあってフロスを使い始めた私ですが、初めてフロスで歯の間を掃除したとき、汚なすぎて引きました(笑)え、歯ブラシで磨くだけじゃなんにも汚れ落ちてないやん、と。もちろん歯の表面をブラシで磨くことも大事なんですが、同時に歯と歯の間のお手入れをするのも欠かせないんですね〜。

ちなみに以前オランダで歯医者さんに行ってみたときは、フロスもいいけどこっちもいいよ、と歯間ピックを勧められました。フロスよりも太くて最初は少し痛いですが、慣れてくるとこれもがっつり汚れが取れるので気持ちがいいです。(↓↓画像をクリックするとAmazonのリンクにつながります)

そしてそして、、、このブログを始めて以来、ずーっとおすすめとして載せたかったのですがどのタイミングで書けば良いかわからず載せられなかったものをご紹介させてください。どどん!パナソニックのジェットウォッシャー!歯のお手入れにすっごくおすすめです。

オランダには持って来なかったけど、私も日本で3年間くらい愛用していました。強い水流で歯と歯の間の汚れまでさっぱり洗い流してくれて(時々食べカスなども出てくるのでこれまた引きます)、終わった後は歯がツルッツルになって(感動の舌触り!)、週一回くらいのペースで使うのが楽しみでした。難点としては、水が飛び散りやすいことですかね。もう今は改良されているかもしれませんが。ですが、その難点を差し引いても本当におすすめなので、ぜひ一度チェックしてみてください!(↑↑画像をクリックするとアマゾンのリンクにつながります。)

というわけで、最後は欧米の歯のお手入れの話からズレてしまいましたが、とにかくどんな方法でも良いので歯のお手入れをしっかり頑張ってまいりましょう、ということで今日は終わりたいと思います。

——————–

*私が海外大学院の出願に使用して合格した志望理由書(英語全文+日本語解説)、質問に答えるだけで志望理由書の骨子ができるテンプレート、英文推薦状(英語全文+日本語解説)などをnoteにて公開しています。下記リンクからご覧ください。また、当ブログの出願書類添削をお申し込みいただいた方にはこれらを無料で差し上げています。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた出願書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA