アムステルダム近郊の漁村、フォーレンダムに行ってみた

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

先日、アムステルダム近郊の小さな漁村、フォーレンダムに行ってきました。アムステルダムからサクッと行けてのんびりとした時間を楽しめたので、その時の様子をご紹介したいと思います。

最初に申し上げておきますと、この村、一応観光地として有名ではあるみたいですが、見所はそんなにありません…。ただ、私のような「海が好き」「シーフードが好き」「可愛い街並みの中を歩き回りたい」という方にはアムステルダムからの日帰り旅にうってつけの場所です。

※シーフードに関しては、2021年4月現在、コロナによる規制でレストランが閉鎖中のため、テイクアウトの食べ物のみ楽しむことができます。

アムステルダムからフォーレンダムへの行き方(バス)

アムステルダム中央駅2階のバスターミナルから316番のバスに乗ります。Volendam centrumまで、30分ほどで着きます。OV chipkaartを持っていればそれで乗れます。持っていない方は、中央駅構内の自動券売機(public transportationと書いてある機械)で切符を購入します。

メインストリートHavenをぶらぶら

バスを降りると、まず可愛らしいフォーレンダムミュージアムが目に入ります。私は中に入っていないのでわかりませんが、ここに観光案内所も併設されているようです。

そこから海側に歩く途中、土曜マーケットが開かれていました(とても小規模)。

さらに海側に進むと、メインストリートであるHaven通りに着きます。

コロナの時期でなかったらもっと混んでいたと思いますが、それでも人通りは結構多く、皆思い思いにのんびりと海を眺めたり、食べ歩きを楽しんだりしていました。

私は、キベリングという鱈のフライみたいなものと、パーリングという鰻の燻製が挟まったサンドイッチを食べました。サンドイッチと言うからにはレタスの1枚や2枚くらい一緒に挟まっているのかなと思いきや、本当にパンと鰻のみ。それがなんかすごくオランダっぽいなぁと笑っちゃいました。鰻自体は脂が乗っていてジューシーでとても美味しかったです!

絵になる街並みを写真に撮って楽しむ

文字通り海沿いの村なので、海側から見た可愛らしい家々がとても素敵!

メインストリートとバス乗り場の間のエリアにある住宅地は、街並みがテーマパークの中みたいな感じで歩き回るだけでもワクワクします。

運河と橋がいたるところにあります
可愛くデコレーションされたお家

ちなみに、私は勇気がなくてしませんでしたが、オランダの伝統衣装を着て写真を撮るというのもフォーレンダムで人気のアクティビティーのひとつです。写真屋さんがそこかしこにあります。ちょうど同じ日に知り合いの日本人ご一家がフォーレンダムに行って写真撮影をされていて、お写真を見せてもらったのですが女性の衣装が特にとっても可愛かったです。次は私もチャレンジしたいです!

ということで、今回はアムステルダムから日帰りでいける人気スポット、フォーレンダムについて書きました。機会がありましたらぜひ行ってみてください!

↑↑地球の歩き方は情報量の多さが魅力ですが、目で見て楽しめる「るるぶ」も良いですね!(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA