オランダで各国料理を作ってみた その1. シャクシュカ

日本でいう「クックドゥー」のような、毎日の献立にバラエティーを与えてくれるお料理キットのようなものがオランダにもあります。特にクノールのこのシリーズ!

スーパーに並ぶお料理キット

本当にたくさん種類があって、世界各国の料理がお家で再現できます。スーパーにずらーっと並んでいるのを見てずっと気になっていました。この度引っ越しをしてきちんとした設備のキッチンが使えるようになったこともあり、このキットでいろいろな料理を試してみることにしました。

記念すべき第一回はこちら。イスラエル料理の「シャクシュカ」です。

シャクシュカキット

シャクシュカ とは?(Wikipediaより)トマトソースの上に鶏卵を割り落とし、焼いた料理。北アフリカを中心とする中近東でよく食される。エジプトでは挽肉を入れてオーブンで焼いたものが多い。イスラエルでは朝食としてよく食される。

食べてみた感想としては、「目玉焼きの新しい食べ方!濃厚でスパイシーなトマトソースと卵の組み合わせが美味しい!」です。

では早速、作り方を振り返ってみましょう。このキットがお手元にない日本の皆さまにもなるべく作り方が伝わるように書いていきたいと思います!ちなみにキットの中身は、トマトソース用のスパイス、仕上げ用のスパイス、クスクス(粒々のパスタ)です。箱の中にレシピが書いてあります。Google翻訳は必須。

自分で用意する材料は、卵、パプリカ、玉ねぎ、トマト缶、きゅうりです。

まずは玉ねぎとパプリカを炒めていきます。火が通ったら、トマト缶を開け、スパイスを混ぜて水分を飛ばします。このスパイスは、塩、コショウ、ガーリック、パプリカパウダー、クミンパウダー(カレー粉)あたりを混ぜたような味と香りでした。

ある程度水分が飛んだら、くぼみを作ってそこに卵を割り落とします。そして、蓋をして卵がお好みの固さに固まるまで待ちます。

まわりめっちゃ焦げてるやん!とか言わないで、、、

シャクシュカ自体はこれで完成ですが、このキットには付け合わせとしてクスクスがついているのでそちらも調理します。調理すると言っても、乾燥したクスクスに熱湯をかけるだけ!数分でクスクスがお湯を吸収して柔らかくなります。ここに、適当に切ったキュウリを混ぜます。(このキットはクスクスに乾燥ミント?で風味付けがしてありました。)

最後にシャクシュカとクスクスをいっしょに盛り付けて、完成です!

濃く味付けされたトマトソースと、淡白な味のクスクスのコンビネーションが、とても良かったです!!もちろん、シャクシュカはバゲットなんかといっしょに食べても美味しいだろうなぁと思いました。あと、今回は野菜のみで作りましたが挽肉やベーコンを入れても美味しそう!

ということで、これから世界のいろいろな料理を試して、その感想や作り方をシェアしていきたいと思います!(需要があるかどうかは不明。)

↑↑↑世界196カ国の料理が楽しめる、イチオシのレシピ本です。私はこれを見てアフガニスタンの炊き込みご飯やセネガルの鶏料理を作ってみました!(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA