アムステルダム大学院留学、1か月の生活費(2019年9月)

お金
お金

本日は、先月1か月間の生活費をまとめてみます。生活費がいくらくらいかかるのかというのは、私がアムスに来る前に知りたかった情報ランキングの中でもかなり上位なので、どこかでどなたかのお役に立てばと思います。では総額から行ってみましょう。どどん!

スポンサーリンク

アムステルダムの生活費 合計1473€

こちらでの生活が始まったばかりということもあって、結構かかってます。内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 558€

支出の中で大きな割合を占めているのが家賃です。どんな条件でこのお値段かと言うと、

*大学が提携するstudent housingの会社を通して手配した物件

*アムステルダム中心地からメトロで最寄駅まで約20分、最寄駅から自転車で約10分

*8畳ぐらいのワンルームでキッチン・トイレ・お風呂は専用(シャワーのみ)

*家具付き

*光熱費、インターネット料金込み

こんな感じです。もっと便利な中心地のほうに住んでいるクラスメイトは、同じような条件(ただしもっと狭い部屋)で月900ユーロだそうです。また、キッチンやバストイレがシェアでも良いならもっと安く住めると思います。

アムステルダムの食費 256€

思ったよりかかりました。スーパーで買う野菜・果物・パンなどは比較的安いですが、カフェや外食に行くと高くつきます。

アムステルダムの習い事 244€

オランダ語の授業料172ユーロ(全15回・学割あり)、ダンスのレッスン料72ユーロ(全15回・学割あり)をまとめて払いました。

アムステルダムの自転車 100€

自転車はワーテルロー広場のマーケットで中古品を買いました。もっと値切れたかも、、、。

アムステルダムの携帯代など 34€

携帯は日本から持ってきた端末にオランダのプリペイド式SIMカードを入れて使っています。8月末に30ユーロで4GBをチャージしたのがなくなってきたので、9月末に10ユーロで2GBを追加しました。

アムステルダムの交通費 120€

学生はメトロ、トラム、バス、電車が15%割引になるICカードが使えるのですが、それでもけっこうかかってるなという印象。私の場合は最寄駅からアムス中心地にある大学キャンパスまでメトロを使って通学しており、9駅程度でオフピーク時1.8ユーロ、それ以外で2.4ユーロくらいかかります。片道です。

メトロもトラムもバスも、乗った距離と時間帯によって値段が変わってくるのですが、初乗りがいくらかとか、いまいち全体像がつかめていません。なぜなら料金表みたいなのがなくて、ICカードをタッチして改札を出るときに一瞬小さく値段が表示されるのみだからです、、、。

【2020年8月追記】留学費用の総額を計算するために改めてこの記事を読み返しているのですが、交通費がこんなにかかっていたなんて、、、!今となってはどこでも自転車で行くので日常生活で交通費はほぼかかりません。(体力の消耗と日焼けは避けられない 涙)

旅行など 120€

1泊でライデンとデン・ハーグへ旅行したのでその宿泊費などです。

アムステルダムの交際費 35€

友達とカフェやバーに行くとだいたい1回につき10ユーロ前後使います。

ということで、9月の1か月間でかかったお金をまとめてみました。生活が始まったばかりで出費が多くなった部分もありますが、今月はどれくらい減らせるか試してみたいと思います。

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ
オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました