洋楽を使って楽しい英語の授業!① -Hotel California-

洋楽
洋楽

英語の歌は、英語の授業においてとても良い教材になります。英語のリズム、発音、単語、文法、文化的背景、社会情勢などなど…本当にたくさんのことを学べます。特に発音は、細かいところにこだわって一緒に何度も練習すれば、生徒は一生懸命取り組んでくれます。実際にそれがきっかけで発音が上達する子もいました。ここでは、高校の英語の授業で使える洋楽をご紹介していきます。

選んだ基準は以下です。

・曲としてかっこいい。授業に関係なく、普通に聞いたり歌ったりするのが楽しい。

・メロディーがキャッチ―で歌いやすい。

・生徒にぜひ覚えてほしい単語や文法事項が入っている。

第一回はEaglesのHotel Californiaです。1976年の作品で、ロックの名曲として親しまれています。誰もが聞いたことのある印象的なメロディーや、かっこいいギター(ベース?)のサウンドが魅力的です。歌詞のミステリアスな世界観にも興味を惹かれます。歌詞の解釈についてはかなりたくさんの見解があるようなのでここでは深入りしないでおこうと思います。

まずはサビの歌詞を見てみましょう(訳は筆者)。

―ここから引用 EAGLES ”Hotel California”より

Welcome to the Hotel California ホテルカリフォルニアへようこそ

Such a lovely place (Such a lovely place) とても素敵な場所に
Such a lovely face とても魅力的な人々

Plenty of room at the Hotel California ホテルカリフォルニアには部屋がたっぷり
Any time of year (Any time of year) 一年中いつでも 

You can find it here お待ちしています

―引用終わり

授業で使えるポイントその1 

サビに出てくる”Welcome” の発音

この一単語だけで、日本語の「ウ」とは違う〔W〕の発音、母音が入っていない〔L〕〔M〕の言い方、母音〔ə〕の発音を教えることが出来ます。まず、〔we〕はカタカナの「ウェ」よりも唇を突き出して発音しますので「ゥウェ」と言うイメージです。次に〔l〕の音ですが、舌先を上前歯の根元に付けます。母音が入っていないので舌の動きだけでこの音は終わりです。最後に〔come〕の部分は、発音記号的に言うと〔kəm〕となります。kとmの間にあるこの母音は、口をごく小さく開けて「あ・う・お」が混ざったような音を出します。そこから一気に唇を閉じて、〔m〕です。これも、母音がないので口を閉じるだけでおしまいです。その結果、カタカナで書くとしたら「ゥウェLクM」のような音が出来上がります。カタカナのまま「ウェルカム」と歌うよりもかっこいいし、スムーズに歌えます。

授業で使えるポイントその2 

“such a lovely place”の語順

おなじみのsuch a 形容詞+名詞ですね。「こんなに○○な△△」という意味になります。

例)”I have never seen such a glorious sunset.(こんなに素晴らしい夕日は見たことがない)”

また、受験生におなじみの「such a 形容詞+名詞 that SV(とても○○な△△なのでSがVした)」という使い方もありますね。

例)”It was such a wonderful movie that I saw it three times.(とても素晴らしい映画だったので私は3回観ました)”

この歌をみんなで歌った後に、ホテルカリフォルニアとはどんな場所なのか皆で想像をふくらませて、Hotel California was such a lovely place that…(ホテルカリフォルニアがあまりに素敵な場所だったので…)の続きを英作文しみたりしてもおもしろいかもしれません。

Youtubeのリンクを貼っておきますのでぜひ聞いてみてください!(0分40秒ぐらいから始まります。)

(Offical Video) Hotel California – Eagles [ NBC TV – High Quality ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました