アラサーのオランダ留学。持ってきてよかった物!(Part 2)

オランダ留学に向けて準備中の皆さんに、「持ってきてよかった物」をご紹介します。

Part 1はこちらをご覧ください。

それではいってみましょう。まずはリュック!

オランダに留学する皆さんは、必ず、

大容量の、

ウォータープルーフの、

パソコンが収納できる、

リュック!

を持ってきてください。

リュックを推奨する理由は、自転車に乗るからです。自転車に乗るかどうかなんて行ってみなわからへんやん、とか言わないでください。オランダに来たら絶対乗りたくなります笑。

大容量と言うのは、自転車生活では何でもリュックに入れちゃった方がラクだからです。スーパーでの買い物も、レジ袋が有料ということもあるので、大きなリュックを持って行ってそこに荷物を詰めて帰ると便利です。

ウォータープルーフが望ましいのは、雨が降るからです。本当にしょっちゅう降ります。

パソコン収納は、言うまでもありませんが、授業のためにパソコンを持ち運ぶ機会が多いからです。

私はパタゴニアのものを愛用しています。

次に持ってきてよかったなぁと思うものは、保温ジャーです。

細長い水筒みたいなのではなくて、「ジャー」というのがポイントです。ZOJIRUSHI的にはスープなどの持ち運びを想定していると思うのですが、私はこれをコーヒーや紅茶などの飲み物に使っています。

気に入っているところはたくさんあって、

・中まで洗える

保温機能がバツグンで朝入れた紅茶が午後までずっと温かい

・量がたっぷり入るので長時間の授業にも耐えられる

・飲み口がステンレスではなくプラスチックのパッキン(?)がついているので口当たりがやさしい

などです。学校のカフェテリアで飲み物を買うとけっこう高くつくので、このジャーが重宝しています。

そして最後は、ちょっとフォーマルなジャケットです。

学生だし、使う場面は無いだろうなぁ・・・と思いながらも一応持ってきていた軽めのジャケット。先日のインターンの面接で初めて使いました。

オランダではみんなカジュアルな服装で仕事しているので、普段着でも特に問題はなかったと思います。しかし、あえてきちんとした服装で臨んだことによって、自分も気持ちがシャキッとしたし、先方にも良い印象を与えられたのではないかと思います。社会人留学の場合は特に、ちょっとした服装の違いが「仕事デキる」アピールにもつながると思うので、ここぞというときのためにジャケットを1着持ってくることをお勧めします。

以上で「持ってきてよかった物Part 2」を終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA