オランダでお手軽ベジタリアン生活

オランダ生活

この数週間、なんちゃってベジタリアンな生活をしています。

ちなみに「ベジタリアン」と「ヴィーガン」を混同してしまいがちなので改めて調べてみたのですが、ヴィーガンは「完全菜食主義」、動物由来の食品を一切食べないスタイル。そして「ベジタリアン」は、肉や魚は食べなくて卵や乳製品は食べる(こともある)のだそうです。私は肉や魚は食べていないけど卵やチーズは食べているから、とりあえず「ベジタリアン」です。

何を隠そう、私は肉も魚も大好きで、ベジタリアンなんて絶対無理!ありえない!と思っていたタイプです。そんな私がなぜ今、なんちゃってベジタリアンをしているかと言うと、、、

1. まず、ヨーロッパではスーパーやレストランに必ずと言っていいほどベジタリアン(ヴィーガン)メニューがある。それらを食べてみて、ベジタリアンの食事もおいしくてじゅうぶん満足感があるということをこの半年間で学んだ。

2. 今般のコロナの影響で、スーパーに買い物に行く頻度を前より少なくしている。1回で持ち運べる量は限られているので、買うものは野菜や保存食が中心になり、日持ちしない肉・魚の優先度は低くなる。

3. というか、買い占めのためお肉売り場がすっからかんになっていることも多い。

4. 加えて、日本に比べてオランダは魚が高い。

5. そして、住んでいる所が狭いワンルームなので、肉や魚を料理すると匂いがずっと残るのがイヤだなというのはずっと感じていた。

というふうにいろいろな理由が重なって、ベジタリアンな生活に至りました。

ベジタリアンなんて物足りないに決まってる!と思っていた身として、実際にやってみてわかったことは、

ニンニクと油(オリーブオイル)があれば大丈夫!

ということです。大丈夫というのは、おいしくて満足感があるという意味です。

例えばカレー。定番のたまねぎやじゃがいもの他に、パプリカやきのこをニンニクと一緒にしっかり炒めて具にするととてもおいしいです。

スープや炒め物も、とりあえず何でもニンニク+オリーブオイルで乗り切ってます。じゅうぶんおいくて満足だし、結果的に食費も安く済んでます。

まぁ、一人暮らしで大したご飯を用意しなくて良いから、成り立っているのかも。

でもベジタリアンメニューのバリエーションが増えたら楽しそうだなと思うので、もうしばらく続けてみようと思います。

↑↑↑豆腐をうまく使いこなせたら、きっとベジタリアンメニューでもバラエティー豊かな食卓になりますよね〜!(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ
オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

コメント