オールイングリッシュの環境で仕事し始めて1年以上経つのに、あまり英語が上手くなっていない気がする。

海外就職
海外就職雑談

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人留学、その後現地で就職したChisakiです。

さて、私の職場はオランダにあるインターナショナルスクール(幼稚園〜中学校)です。生徒もスタッフも世界各国から来ていて母語もバラバラですが、学校生活では全て英語を使います。なので、当たり前ですが

ー算数や理科などの教科を教えるのも英語

ー工作や体育などの実技も英語

ー子どもたちを褒めたり注意したりするのも英語

ー同僚との雑談やミーティングも英語

と「オールイングリッシュ」の環境で仕事をしています。

この環境で仕事をし始めたのはインターンシップの期間も合わせると1年3ヶ月前。最近のひそかな悩みは、こんなにずっと英語に晒されて生活しているのに、なんだか自分の英語が全然上達していないような気がするということです。具体的には、

ー速く話されると未だに何を言っているのか聞き取れない。スタッフ同士のわちゃわちゃした雑談には全然ついていけないし、子どもたちが泣いたり興奮した状態でぶわぁーっと何かを訴えかけてくると何を言っているのか全くわからない時がある。

ー会話に必死すぎてめちゃくちゃな文法や発音で話していることが未だにある。3人称の’s’が抜けるなど初歩的な間違いも多々。

という状態です。

これをフォローする(?)ための言い訳はたくさんあって、

ーイギリス人(スタッフの大半がイギリス出身)のアクセントは独特だから耳が慣れない

ー学校現場では次々といろんなこと(怪我やケンカなど)が起きるのでそのスピード感について行くのに精一杯で、英語の細かい部分にまで構っていられない

ーネイティブスピーカー(スタッフの大半)と話すことに対して未だに緊張して萎縮してしまって、その結果よくわからない間違いをしてしまう

ー子どもたちの話す英語は、はっきり発音されていなかったりそれぞれの母語の特徴が出ていたりするので、聞き取りが難しい

ー学校のスタッフは基本親切だから、こっちが多少間違った英語で話していても意図を汲み取ってくれるのでコミュニケーションが成立してしまう

ー学校現場で使われるボキャブラリーは、これまでの人生で使ったことのないものも多いから、難しい

と、自分の英語の上達しないことを周りのせいににようと思えば理由はいくらでも思いつくのです。でも、、もう1年以上ですからね、、。もう1年以上、「ある程度の意思疎通はできて、仕事は遂行できている。しかしながら絶対的な言語の壁を感じる」と言う状態から抜け出せていません。なぜなのか、、。自分の意識の問題?言語能力の問題?

それに対してインターに来る子どもたちの言語の吸収力は凄まじく、英語ゼロの状態で入って来ても3ヶ月後には英語で友達と堂々とケンカしている子もいます。それに比べて私の吸収力の遅さよ、、、。

まぁ、あんまり自分の英語を悪く言うのも気が滅入るので、今の環境で働き始めて以来できるようになったことも考えてみます。

ー丁寧な依頼の表現など、ビジネスシーンで使われる英語表現を身に付けることができた

ー相手の言っていることが理解できないときに「わからない」「それってこういう意味?」などと表明できるようになってきた(←笑ってごまかすことも未だにたくさんありますが)

ー小学校の授業で使う基本的な用語、例えば「足し算」や「分数」などの英語での言い方を今まで全く知らなかったが、大分わかってきた

ー子どもたちに指示を出したり、褒めたり、注意したりするときの英語表現のバリエーションが増えた

という感じですかね。

こうして見ると一応ちょっとずつ進歩している部分もあるので、そこは自分の成長を認めつつ、でもこの状況から少しでも早く一歩上のステージに行けるよう、リスニングの練習などできることを地道にやって行くしかないと思っています。引き続き見守っていただけると幸いです(←何を?笑)

——————–

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた出願書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ
オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました