英語で「あ、ほんまに?」とリアクションしたい時の言い方

英会話

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。

突然ですが、次のようなリアクションを英語でしたい時、皆さんは何と言いますか?

A:「私、アムステルダムに住んでたんだよね」

B:「あ、ほんまに?」(←「あら、そうなんですか?それは意外ですね。」の意。)

日本を出る前、私はこういう場面で “Really?”と言っていました。まさに「ほんまに?」の直訳です。

それも決して間違いではないと思うのですが、”Really?”が実際に使われる場面を見ていると、

「にわかには信じがたいけど本当にそうなのですか?」

みたいなニュアンス(↑この日本語は堅すぎるけど笑)で使われている感じがします。つまり、心の底から「本当にそうなの?」と尋ねたい時の表現というわけです。

でも、上に書いた「あ、ほんまに?」は、事実かどうかを確かめるというよりはただの相槌ですよね。相槌なんだけど、少しの「驚き」も併せて表現したい、という感じ。そんな時は何と言うか?

A: “I lived in Amsterdam.”

B: “Oh, did you?

はい、これです。「そうなの?」とそのまま質問し返すようなイメージですね。

だから、過去のことについて言う時は過去形(Did you?)になるし、現在の話だと現在形(Do you?)になるし、第三者のことを言う時はそれに合わせて主語も変わります(Does he?など)。いくつか例を挙げてみます。

A: I love falafel.(ファラフェル大好き)

B: Do you? Me too!(そうなの?私も!)

A: She speaks 8 languages.(彼女、8ヶ国語喋れるんだって)

B: Does she!? Amazing! (マジで?すごいね!)

A: I can do the splits.(私、180度開脚できます)

B: Can you? You should show me!(ほんとに?見せて見せて!)

A: Do you know we live very close?(私たち実はご近所って知ってた?)

B: Do we!? Come over for dinner!(え、そうなの?ディナーにおいでよ!)

と言う感じです。時制や主語などによって形は変わりますが、「そのまま質問し返す」というパターンは同じです。

まぁ、簡単そうに言っていますが、私は自然にこれができるようになるのに約1年かかりました、、、汗

だって、いちいち考えちゃうんですよ。「えーっと、、I livedって言ってるからDid you?でいいんやんな、、?」とか。

私にとっては、慣れるまではなかなか難しいものでした。

皆さんも相槌を打ちたい時ぜひ使ってみてください!

↑↑↑タイトルがわかりやすくていいですね。まぁ、実際オランダで18時まで仕事してたら「え、めっちゃ仕事するやん!」と言われそうですが。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Amity International School Amsterdam 日本人スタッフブログ
オランダ・アムステルフェーンにあるアミティーインターナショナルスクールの日本語ブログです。学校で唯一の日本人スタッフの目線から、リアルな学校情報をお届けします!

コメント