おすすめの本 “異文化理解力”

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。今日は私が最近読んでとても面白かったエリン・メイヤー著「異文化理解力」(原題: The Culture Map)という本をご紹介します。

この本では、各文化におけるコミュニケーションに対する考え方の違いやその背景が、様々なビジネスシーンでの具体例とともに解説されています。私としては、文化の違いについてなんとなーく感覚として思っていたことを、きちんと言葉にして説明してもらえてすごく納得した、という感じです。仕事で海外と関わる方はもちろん、留学や移住で海外生活をする方にとっても興味深い内容だと思います。

それでは、特に面白いと感じたポイントを3つご紹介させてください。

2種類のコミュニケーション -Low context (ローコンテクスト)とHigh context (ハイコンテクスト)-

世界には大きく分けて2種類のコミュニケーションの形があると言われています。異なる文化の人とビジネスをする時は、相手がどのようなスタイルのコミュニケーションを好む(慣れ親しんでいる)のかを理解することがスムーズな意思疎通のカギになります。

ローコンテクストなコミュニケーション

コンテクスト(文脈、共通認識)に頼らないコミュニケーション。良いコミュニケーションとは明瞭でシンプルなコミュニケーションである。分かり切っていると思われることでもきちんと言葉にして伝える。アメリカ、オーストラリア、オランダ、ドイツ、北欧の国々などではこのタイプのコミュニケーションが好まれる。

ハイコンテクストなコミュニケーション

コンテクストの理解がカギとなるコミュニケーション。伝えたいことをはっきりと言葉にすることは少なく、ほのめかして伝える。良いコミュニケーターとは、上手に「行間で」伝え、言われなくても「行間が読める」人のことを指す。日本、韓国、インドネシア、インドなどで好まれる。ラテン系の言語を話す国(フランス語、スペイン語など)もどちらかというとこのタイプ。

この話を読んでいて思い出したのが、日米のコメディーの違いに関する話です。日本のコメディー(漫才)は、漫才をする側と聞く側が同じ言葉や文化的背景を共有しているから、言葉を使った複雑な笑いが実現する。一方、アメリカでは必ずしもお互いに何かを共有しているとは限らないから、誰が見ても理解できるシンプルな笑いや視覚的な笑いが好まれる、というもの。まさに「ローコンテクスト」と「ハイコンテクスト」の違いが出ていますね。

文化の「位置」で感じ方は変わる

先ほど、ハイコンテクストな文化の話のところで「え?フランス人やスペイン人もハイコンテクスト?ラテン系の人ってストレートに物を言うイメージがあるけど。」と思った人もいるのではないでしょうか?これには、それぞれの文化がお互いから見てどこに位置しているかということが関係しています。

一直線上のいちばん左側をローコンテクスト、右側をハイコンテクストとしましょう。アメリカは、いちばん左に位置し、究極のローコンテクスト型コミュニケーションと言えます。反対に日本はいちばん右に位置し、世界でも屈指のハイコンテクスト型と言えます。ラテン系は、そのちょうど中間から少し右寄りに位置します。すると、いちばん右端の日本から見れば、確かにラテン系は「私たちと比べると」はるかにローコンテクスト、つまりハッキリ物を言うように感じられます。しかし、例えばアメリカの人たちから見ると、ラテン系のコミュニケーションは比較的ハイコンテクストであるということになるのです。

時間に対する感覚についても、なるほどと思える例が紹介されていました。「インド人は、フランス人が時間に厳しく融通が聞かないと不満を言う。一方アメリカ人は、フランス人がスケジュールを守らず平気で遅れてくることに腹を立てる」と。同じフランス文化を、「どちら側」から見ているかによって、感じ方が変わってくるのですね。

だから、異なる文化の人と仕事をするときはお互いの文化の相対関係を理解することが大切だと筆者は書いています。

「人」に反論しているのか、「意見」に反論しているのか

私たち日本語話者が不得意な「議論」の話ですね。人の意見に反論することに関しても世界には大きく分けて2通りの考え方があります。

対立型

意見の相違や議論は組織にとってプラスになるものと捉えられる。一人ひとりの意見は違うものだと言う前提がある。反対意見はあくまでも「意見」に反対しているのであって、その人自身を否定しているわけではない。そのため、意見の対立が人間関係に悪影響を与えることはない。

対立回避型

意見の相違は組織にとってマイナスなもの、と言う捉え方。特に目上の人物に表立って反論することは避けられる。チームの調和を保つことが何よりも大切なので、意見の対立が人間関係にネガティブな影響を与えることもある。

おわかりの通り、日本は確固たる対立回避型ですよね〜。他にインドネシア、タイ、ガーナなどが対立回避型の文化を持つ国として挙がっています。対立を厭わないのはイスラエル、フランス、ドイツ、オランダなど。アメリカやイギリスは意外と(?)中間あたりに位置しています。

私が働いているインターナショナルスクールにも色々な国出身のスタッフがいるわけですが、以前職場のルールについて話している時、オランダ人スタッフが校長にとても明確に反対意見を言っていてちょっと驚きました。I disagree with your point because...”と。私だったらちょっとこの言い方はできないなと思いました。が、彼女たちにとっては「反対意見を言うことは建設的なこと」なので、逆に私が意見を言うのを躊躇する感覚は理解できないでしょうね。

これも、どちらが良いとか悪いとかいうことではなく、お互いの文化をよく理解して、お互いにとって気持ち良く仕事を進められる方法を一緒に見つけていくことが大切ですね。

…………………

ということで、「異文化理解力」を読んでなるほどなと思った部分をご紹介してみました。まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、長くなりすぎてもダメなのでこのくらいにしておきます。

Kindleとハードカバーどちらも入手できますので気になる方は是非読んでみてください!(下記の画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【海外就職】「平日8時-20時+土日ずっと部活」から「平日8-16時+完全週休2日」へ

私の職場であるアムステルダムのインターナショナルスクールは、勤務時間が8時〜16時までとなっています。16時を過ぎると本当に校舎に誰もいなくなって、シーンとしています。そしてもちろん週末は完全にお休み。これ、日本の学校で働いていたときのことを考えると、あり得ないことです。

当時私が勤めていた学校では、16時といえばちょうど授業が終わる時間でした。そこからが提出物チェックや授業準備、そして部活動などの時間。部活動が終わるのが19時で、そこからご家庭への連絡や翌日の準備などをして、結局学校を出るのは20時頃。そして土日も部活動のため学校へ、、、。そんな生活リズムだったので、今思えばプライベートの時間はほとんどありませんでした。

そんな環境から一転。今は毎日16時に学校を出て、自転車で10分で家に着き、買い物をして帰ったとしても16時40分には家にいる、という生活をしています。そして、日本人のご家庭のお子様の英語学習をお手伝いしたり、YouTubeを見てヨガをしてみたり、なんやかんやと楽しい夕方を過ごしています。仕事ですごく疲れた日には、帰ってすぐ昼寝をすることも。帰って昼寝して起きてもまだ18時って、、素晴らしい!

土日も然り。毎週末、完全に休みなので、留学相談のご依頼をくださる方とお話ししたり(最近、ご依頼をくださる方が急激に増えてきました、ありがとうございます)、友達とちょっと豪華なブランチを食べに行ったり、はたまた何もせずダラダラしたり。自由です。

今の生活になってから、最初、日常生活に占める「仕事時間」の割合が少なすぎて、空いた時間をどう過ごせば良いのかわからなくてそわそわしました。でも考えてみればこれが本来あるべき「仕事」の形なのかなと最近は感じています。「仕事」は生活の一部でしかないということ、そして仕事以外の時間は、スキルを高めたり人生を楽しむために使う、ということです。空いた時間でもっと稼ぎたい人はそうすればいいし、のんびり過ごしたい人はそうすればいい。自分で自由に使い方を決められる時間がたっぷりあるということが、とても大切だと感じます。

このように同じ職種でも全く違う2つの職場を体験してみて、自分がこれからの人生でどういう働き方をしていきたいのかがわかってきました。これからどの職場でも働き方はどんどん変わってくると思いますが、自分にとって最適な働き方を常に自分の意思で選べる状態でいられたらいいな、と思っています。

↑↑↑空いた時間に英語のブラッシュアップも良いですね!ネイティブキャンプは私も先日無料体験をしました。1週間の無料体験期間中、レッスンを受け放題なのでお得です(^^)ご参考に下記の記事もご覧ください。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

【海外就活】オランダで就職が決まりました!

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます!

2019年夏に始まったオランダ大学院留学もあっという間に修了。もう少しオランダにいたいという気持ちが強くなって仕事を探していたところ、運よく就職が決まりました。約3ヶ月間にわたるオランダでの就職活動を振り返ってみたいと思います。

海外就活序盤「まぁ、いけるやろ」

オランダで就職活動をしてみようかな、、、とぼんやり考え始めたのが2020年5月頃。留学生活9ヶ月目でした。最初にしたことは、インターン先で「このまま採用してもらえたら嬉しいのですが」と相談することでした。インターン先のインターナショナルスクールは仕事環境が抜群に良くて、スタッフも皆フレンドリーかつプロフェッショナル、このままここに就職したい、というのが一番の希望でした。ですが、その時点では空いているポストがないということで手応えはイマイチ。

それならやっぱり自分で探すしかない、と思って本格的に就職活動を開始。それが6月。教育またはマーケティングに関わる仕事がしたかったので、いろいろな学校や会社のウェブサイト、Linkedinなどを見て求人情報を探しました。

この時点では「まぁ、どこか受かるやろ」と軽く考えていました。だから選り好みしまくっていました。

ー立地が不便そうなところは却下

ー応募にあたって3人からの推薦文が必要なところは面倒だから却下

ーせっかくオランダにいるんだから日本の企業はイヤだ

などなど。

あぁ、、、一体何を根拠に「まぁ、いけるやろ」と思っていたのか、、、。

海外就活中盤「私、競争力なさすぎ」

選り好みしまくっていた序盤戦ですが、だんだん現実が見えてきました。

応募書類を指定の宛先に送っても、返信すらない。これが大半でした。考えてみると、オランダの労働市場においては私は「ないない尽くし」です。

EU出身じゃない(=わざわざ労働許可を取る必要がある)

オランダ語できない。英語のネイティブスピーカーでもない。

ー「営業」と「教師」しかやったことない(=転職市場で評価されるようなスキルを持っていない

自分自身の「競争力のなさ」をひしひしと実感し、絶望。選り好みしている場合ではなくなってきました。それが7月頃。そこからは選択の幅を広げて、

ー求人を募集していない学校にも履歴書を送ってみたり

ー日本企業にも積極的に応募したり

ー「正社員」ではなく「インターン」のポジションにも応募してみたり。

最終的には全部で26社(企業+学校)に応募しました。

が、全て「返信なし」か「お祈りメール」という結果に。

海外就活終盤「急に希望の光が」

やっぱりオランダでの就職は難しいのかもしれないと諦めかけていた8月初旬、インターン先だったインターナショナルスクールからTeaching Assistant を募集するという連絡が。夏休みの間に新しい入学者が増えて、スタッフが必要になったとのこと。これは応募するしかない!という事ですぐにCVとモチベーションレターを送りました。

そこから1週間。面接のご案内が来ました!オランダの就職活動で初めての面接。

ー過去の経験を今回の仕事にどう活かす事ができるか?

ーあなたの強みと弱みは?

ー指示に従わない子どもにどう対応するか?

ーチームで働いてうまくいった経験は?

ー自分のキャパを超える仕事が与えられたらどうするか?

などの質問がありました。緊張していたので記憶が曖昧ですが、、。

そして面接から2日後。“We want to offer you the job.”というメールが!

すごく嬉しくて部屋の中をうろうろしました。(笑)

そして、今回の就職活動を通して本当にたくさんの人に助けてもらったり応援してもらったりしたので、皆さんに報告しました。

オランダでの就職活動を経験した感想

初めての海外での就職活動は、無力感を感じることが多くて思った以上にしんどかったです。ですが、どこの国でも外国人が仕事を得るのは簡単な事ではありません。それを理解したうえで粘り強く続けることがいちばん大切だなと思いました。また、「私は今仕事を探しています!」となるべくたくさんの人にアピールすることも大切です。Everything is working under the surface.(物事は水面下で動いている)とよく言います。どこからどういう繋がりでご縁が転がり込んでくるかはわからないものです。

ということで、早速来週から仕事が始まります。新しいチャレンジを楽しみながら頑張りたいと思います!

↑↑↑↑↑「本当に大切なのは、英語力よりも”異文化理解力”だった」このフレーズに惹かれますね。私もKindleで読みたいと思います。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに飛びます。このリンクから何かを購入してくださった場合、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

オランダ留学に関する個別相談や、応募書類の添削を承っています。詳細はこちらをご覧ください!

↓↓↓↓↓