社会人留学のリアルなお金事情 〜とりあえず行けばどうにかなる?〜

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、その後現地で就職したChisakiです。

このブログのアクセス解析を見ていると、「オランダ 留学 費用」などお金に関するキーワードで検索してたどり着いてくださる方が一定数いることがわかります。お金って、留学を考えた時に絶対に避けて通れない問題ですもんね。

以前、1年間のオランダ大学院留学で約350万円かかったという記事を書きました。

恥ずかしながら告白するんですが、私は留学開始時点でこの額が全部手元にあったわけではありません。オンラインでの仕事やオランダ政府からもらえる家賃補助などを当てにして、「まぁとりあえず行けば何とかなるだろう」という甘い気持ちでオランダに来ました。結果的には何とかなったわけですが、これは色々な要因が重なって何とかなっただけなので、おすすめはしません。(まぁ、そんなカツカツの状態で留学を決行しちゃうのって私ぐらいだと思いますが、、)

留学費用が何とかなった要因その1:コロナ

実は、支出を抑えられた大きな要因の一つが、コロナです。オランダの大学院に留学して半年で第一次ロックダウンが始まりました。レストランが閉まっているから外食しないし、そもそも人に会わない。その結果、食費や交際費が安く済む、ということです。さらに、国外に旅行できないことも資金面では「アドバンテージ」になりました。せっかくヨーロッパにいるのに色々な国に行けないのは残念ですが、もし自由に旅行できる状況だったらかなり費用がかさんでいたと思います。

留学費用が何とかなった要因その2:オンラインでの仕事

オンライン英会話の講師の仕事と、当ブログで運営している留学相談&出願書類添削にかなり助けられています(現在進行形)。

まず、オンライン英会話の仕事ですが、留学のために前の仕事を退職してからすぐに始めました。オランダでアルバイトを見つけるのはきっと難しいだろうと思っていたので、留学期間中もオンラインで続けられる仕事を手に入れておきたかったからです。結果的にこれは正解で、留学期間中も家にいながらできてスケジュールの自由もきき、なおかつ勉強の合間のリフレッシュにもなり、私にはとても合っていました。

留学相談と出願書類添削の仕事は留学期間中に独自に始めたものですが、オランダ留学についてのご質問を受けて「その視点はなかった!」という発見があったり、出願書類のチェックを通して「こんな英語表現があるんだな」と勉強させてもらったり、とても楽しいです。自分がオランダで実際に経験したことがみなさんのお役に立っていると感じるので、やりがいがあります。

そんな感じでオンラインでのちょっとした仕事を持っておくことは、収入面、精神面ともに留学中の支えになるので、特に社会人留学をされる方はぜひ仕事のアイディアを探してみてください。ランサーズやココナラなんかにも色々載っているし、ブログやYouTubeを始めるのも良いと思います。

留学費用が何とかなった要因その3:現地での収入

オランダ留学中にアルバイトを見つけるのは難しいとは言うものの、私は運良く現地で収入を得る機会に恵まれました。

一つ目は有給のインターンシップです。オランダの大学院はインターンシップが卒業単位の一部として認められることも多く、私も留学生活の後半はインターンシップ(と修士論文)に費やしました。ただ、インターンの求人をチェックしてみるとわかりますが、インターンは無給のことも多いのです。もちろん貴重な勉強の機会ではあるけれど、かなりの時間とエネルギーを費やすのに無給とは、、、。そんな中できちんと報酬を出してくれる企業でインターンに採用してもらえたことはありがたかったです。

二つ目は、日本語を教える仕事です。これは、自分で作ったチラシから舞い込んできた仕事です。オランダ留学生活の終盤、就職活動をしていた時、とりあえず仕事が欲しい一心で「英語と日本語教えます!」みたいなチラシを作って日本食材スーパーなどに置いてまわりました。すると、そのチラシを見た現地の方が連絡をくれて、日本語レッスンをすることになりました。チラシのパワーも侮れないなと感じたし、日本や日本語に興味を持っている人って意外に多いので、もっと早くからすればよかったと思いました。

三つ目は、家庭教師の仕事です。アムステルダムにお住まいの日本人のお子さまたちの、英語の勉強のお手伝いです。たまたまできた個人的なつながりから始まった仕事で、本当にありがたいことでした。私自身、全然知らなかったのですが、海外にお住まいの日本人駐在員さんのお子さまたちは、海外生活で身につけた英語を武器に英検を受けられることが多いのです(海外の主要な都市では海外受検が可能)。と言っても、英検は日常生活では使わないようなボキャブラリーが出てきたりするので対策が必要です。そこで、日本語と英語を駆使して英検対策のレッスンをさせてもらっています。

留学費用が何とかなった要因その4:オランダの住宅補助

以前から書いているように、オランダでは一定の条件を満たすと家賃補助がもらえます。私は大学院生時代は家賃588ユーロの部屋に住んでいて、補助金を毎月199ユーロもらっていました。これは本当にありがたすぎました。家賃補助の制度について詳しくは下記の記事をご覧ください。

というわけで、今日は大学院留学時代のお金事情について書きました。私の甘い見込み「まぁとりあえず行っちゃえば何とかなるだろう」は、結果的にはそうなりました。が、これは本当に運が良かっただけなので、どうぞ皆さんはお金に余裕を持って留学に臨んでください。

↑↑↑↑↑この本はシンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

——————–

*私が海外大学院の出願に使用して合格した志望理由書(英語全文+日本語解説)、質問に答えるだけで志望理由書の骨子ができるテンプレート、英文推薦状(英語全文+日本語解説)などをnoteにて公開しています。下記リンクからご覧ください。また、当ブログの出願書類添削をお申し込みいただいた方にはこれらを無料で差し上げています。

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた出願書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オランダ留学の健康保険〜日本で入る?オランダで入る?〜

皆さまこんにちは!いつも応援ありがとうございます。オランダに社会人大学院留学、そして現地就職をしたChisakiです。今日は海外留学に必須の健康保険について書いてみたいと思います。

選択肢1:日本の留学生用保険に入る

私自身は、アムステルダム大学に留学する際、日本から留学生用の保険に入って行きました。というのもそれ以外の選択肢があることを知らなかったからです。私が入った保険の内容は留学生保険の標準的なもので、金額は1年間で16万円程度でした。結果的にはオランダで何度か行った病院の費用は全てカバーされ、手続きもスムーズだったため、特に不満が残ったわけではありません。

選択肢2:オランダの健康保険に入る

留学期間が終わってこちらで働き始める時に、健康保険を現地のものに切り替えなければいけませんでした(オランダで働く人はオランダの健康保険に入ることが必須)。それで色々調べているうちに、留学生の立場でも現地の保険に入るという選択肢があったんだということに気付きました。

まずオランダの健康保険の仕組みを理解する必要があるのですが、日本とは違っていて、私は理解にちょっと時間がかかりました、、、簡単に言うとこんな感じだと思います。

日本=病院で治療を受けるたびに医療費を支払う。基本3割負担。

オランダ=年間の上限額までは医療費を全額自分が支払う。上限額を超えた分は保険会社が負担してくれる。この上限額というのは自分で設定することができ、2021年度は標準で385ユーロ。(上限額を高く設定すればするほど保険料が安くなるので、あまり病院に行かない人は上限額を高く設定することで保険料を抑えられる。)

肝心の保険料は、基本プランは月100ユーロ前後です。そこに歯科治療や眼鏡、コンタクト代などのオプションが加わってきます。私は現在、諸々のオプション込みで月120ユーロ払っています。

つまり年間に支払う額としては、基本プランにだけ入るとしたら

100ユーロ×12ヶ月=1200ユーロ(約15万円)

となります。

もし何らかの理由で病院にかかったとしても、自己負担額を385ユーロ(最低額)に設定していれば、基本的にはそれ以上支払うことはありません。

オランダの保険を勧める理由:補助金がもらえる!

金額的に考えると日本の留学生用保険もオランダの健康保険もあまり変わりないし、何かあった時は日本語で手続きできる方が安心だし、留学生用保険の方がロストバゲッジなんかの保障もついてるし、、、やっぱり日本の保険の方がいい!それもその通りだと思います。

ただ、徹底的に留学コストを抑えたい!という方もなかにはいらっしゃいますよね。(私もそうでした。)

そこで知っておいてもらいたいのが、オランダの健康保険料補助金Healthcare allowance)の制度です。オランダの居住許可を持っていて、オランダの健康保険に入っていて、なおかつ収入が一定以下だと、月100ユーロ程度の補助金がもらえます。以前に書いたオランダの家賃補助制度と合わせると、資金の限られた留学生にとってはかなりありがたい金額になりますよね!私は留学生として来た時は健康保険料補助のことを全く知らなかったのですが、もし知っていたらオランダの保険を選んでいたと思います。

ただ、オランダの健康保険だと、留学生用保険によくある緊急時の帰国費用などはカバーされないので、そこはそれぞれの考え方でご自身に合ったものを選んでくださいね。

というわけで、今回は留学準備中の皆さんに少しでも情報提供をしたくてオランダの健康保険について書きました。ここに載せた諸々の情報は確認を取ったつもりではありますが、例外や、時間が経つと変更される事項もあります。ですので、正確な最新情報はご自身でお確かめください!この “I Am Expat”のページがわかりやすいのでリンクを貼っておきますね。緊急時の帰国費用などもカバーしてくれる、留学生向け保険プランも紹介されています。

https://www.iamexpat.nl/expat-info/insurances-netherlands/dutch-health-insurance

オランダの保険会社を比較できるこのサイト(Zorgwijzer)も便利です。年齢やオプションなどを入力すると、最適なプランが提示されます。

https://www.zorgwijzer.nl/zorgvergelijker/english#/search

オランダ留学や生活についてご質問などがございましたら、お気軽にコメントください!

↑↑いつもお世話になっている地球の歩き方。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学や海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

オランダ大学院留学の費用をぜんぶ公開します!

皆さまこんにちは。いつも応援ありがとうございます!前回の記事でご報告した通りオランダでの就職が決まり、もうすぐ新しい生活が始まります。

それで、その前にやっておきたかったことがあって。それはオランダ大学院留学にかかった費用総額を計算するということです。一体何にいくらかかって、総額はいくらで、そのお金で私は何を得たのか?をまとめてみます。

1年間のオランダ大学院留学 費用とその内訳

  • 留学準備費用(IELTSや出願料など)¥200,000
  • 往復航空券 ¥170,000
  • 学費 €13,310
  • 海外留学保険 ¥170,000
  • 家賃 €558×12=€6,696
  • 生活費(食費、携帯、旅行など全般) €8,843

1€=120円として足し算してみると、、、じゃじゃん!

合計3,470,000円!(端数は省略)

どうですか?安いですか?高いですか?いわゆるアメリカとかオーストラリアとかのメジャーな国に留学するよりは安いから気軽に行ける気もするし、仕事やめて300万以上払って海外ってどうなのよ、って感じる人もいるかもしれないですね。

※毎月の生活費の内訳は「留学準備>お金」のカテゴリーに公開していますのでそちらもご覧ください。

約350万円のオランダ留学で何を得たか?

結局、大事なのはそれだけのお金を払って何を得たのかってことですよね。この1年間の留学で私が得たものは、、、

  • MA Linguistics(言語学修士)の学位
  • オランダでの新しい仕事
  • これまでの人生では絶対出会うことがなかった人たちとの繋がり
  • 英語がちょっとだけ上手くなった
  • ブログの内容が充実してきた

こんな感じですかね?どれも、あのまま日本で生活していたら得られなかったものばかり。

留学を始める前は、仕事をやめて一人で海外に行って一体その先どうなるんだろう?って不安でした。行くと決めたのは自分なんだから、その不安な気持ちもなかなか人には言いづらかったり、、、。やっぱり公務員の仕事を手放すべきじゃなかったのかも、、と思ってみたり。

でも、少なくとも今は、社会人留学をしたいという自分の気持ちに従って行動してよかったと感じます。どうせ行くなら仕事もやめて「ゼロ」の状態で行って色々チャレンジしようという発想も、自分の性格に合っていたと思います。そのおかげで、人生何とでもなるもんだなーということを体感し、これからも柔軟な発想で楽しい人生を送っていきたいという気持ちでいます。

そういうわけで、オランダ大学院留学費用の約350万円は(決して安くはないけれども)、私にとっては払ってよかったと思えるポジティブな出費となりました。

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

アムステルダム大学院留学、1か月の生活費(2020年5月)

皆さまいかがお過ごしですか。あっという間に6月ですね。オランダでは今週から飲食店や学校が再開し、少しずつ元通りの生活が戻ってきています。こうやって平穏な生活が戻ってくるのも、医療関係の皆さんはじめ、各所で力を尽くしてくださっている方々のおかげです。本当に感謝です。

それでは、毎月恒例、一か月の生活費をまとめていきたいと思います。今回は5月分です。総額からいってみましょう。

アムステルダムの生活費 合計816€

先月(総額783ユーロ)に引き続き、一か月間ほぼずっと在宅ワークだったので家賃と食費以外はほぼ掛かっていませんが、自粛生活にちょっと飽きがきて食事にバラエティーを求め始めてしまったため、支出総額は上がりました。内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 558€

お家の立地条件などは9月分のまとめをご覧ください。

アムステルダムの食費 228€

過去の食費を見返してみると、ほとんどの月で100ユーロ台後半に収まっていましたが、5月は228ユーロ。過去最高レベルです。長く続く在宅ワークで少し気持ちがだれてしまったのか、普段買わないようなものまで積極的に買って食べて楽しんでいたのでこうなりました。結果的には美味しいものをいろいろ発掘できたのでよかったです。

例えばトリュフ風味のマヨネーズ、チーズ、ポテチ、とか(スーパーで買えるトリュフ商品についての記事もご覧ください)、ホットドッグ屋さんでホットドッグとミルクシェイクをテイクアウトしてみたり。

人気のホットドッグ屋さん Bulls and Dogsにて

あとはフルーツが豊富なシーズンなので、いろいろと試しました。ベリー類、いちご、桃など。この平べったい桃はヨーロッパ特有で、甘みが強くて美味しいです。

甘い香り~

アムステルダムの生活用品代 20€

家の中に洗濯機がなくて毎回洗濯ルームに選択肢に行っているのでその費用です。

アムステルダムの化粧品代 10€

HEMAでアイブローペンシルとアイシャドウを買いました。HEMAは私のなかで勝手に「オランダのロフト」と呼んでいる雑貨屋さんなんですが、オリジナルブランドの化粧品がかなり安くてクオリティーも悪くないので気に入っています。

ということで、5月の生活費まとめでした!こうやって留学生活の支出をまとめるのもあと2か月。そして最終的には、この留学で総額いくら使ったのかということもまとめたいと思います(ある意味恐怖・・・!)。

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*インターンシップをしているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

アムステルダム大学院留学、1か月の生活費(2020年4月)

もう5月・・・!?時間が経つのはほんとうに早いです。4月の生活費を振り返ってみたいと思います。4月の特徴は、

Quarantine (外出自粛・自主隔離)のため生活費が今まででいちばん安かった

4月27日のKing’s Dayは、外出自粛中とは言えさすがにちょっとイベント気分を味わいたくて、オランダで初めてケーキ屋さんに行った

ことです。

オランダのケーキ「トンプース」

アムステルダムの生活費 合計783€

昨年9月、オランダに来たばかりで訳もわからず過ごしていた時は月の総額が1467ユーロだったので、4月の出費がいかに少なかったかということがお分かりいただけるかとおもいます。内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 558€

お家の立地条件などは9月分のまとめをご覧ください。

アムステルダムの食費 168€

スーパーには週1回だけ行って計画的にまとめ買い。そしてステイホームで3食自炊だったため、かなり安く済みました。

4月27日のKing’s Day(国王の誕生日)には、2.5ユーロのケーキを2つ買いました。この日は例年なら、1年でいちばん盛り上がると言っても過言ではないそうです。今年は派手なお祝いができないので、せめて気分だけでもと、職場の人からおいしいと聞いていたケーキ屋さんに「オレンジ色のケーキ」を求めて行ってきました(オレンジはオランダのロイヤルカラー)。カフェでケーキを頼んだりすることはあったけど、オランダでちゃんとしたケーキ屋さんに行くのはこれが初めて・・・。

アムステルフェーンのPatisserie Prenger

お店の中は甘ーい香りで、キレイなケーキがたくさん並んでいてテンションが上がる・・・!真ん中に写っているのは、トンプースというケーキです。パイ生地にたっぷりのカスタードクリームと生クリームが挟まっています。オレンジ色のアイシングは甘いですが他は甘さ控えめで、ペロッと美味しくいただきました!ちなみにトンプースは普段はピンク色です。

右側のシュークリームみたいなお菓子も買いました。これもオランダではメジャーなお菓子のようで、クリームたっぷりな故、トンプースとともに「こぼさずキレイに食べ切るのが絶対無理なお菓子!」(笑)とオランダ政府観光局のページで紹介されています。

アムステルダムの健康/医療費 40€

「オンライン整体」をお試し価格で受けてみました。

アムステルダムの交際費 11€

日本語を勉強中の友達に「だしの素」の話をしたら「それ、欲しい!」ってなったのでオランダとイギリスに送ってあげました。好評でした!

アムステルダムの消耗品代 6€

旬の芍薬が、お花屋さんで5本で6ユーロで売られているのを見て即買いました!そしてつぼみの状態から咲いて散るまでを写真で記録。

ということで、2020年4月分の生活費をまとめました。オランダでの生活についてご質問がありましたらお気軽にコメントください(^^)

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

アムステルダム大学院留学、1か月の生活費(2020年2月)

2月の生活費を振り返ります。まずは総額、そして内訳と続きます!

アムステルダムの生活費 合計967€

今月はお出かけが多かったのでちょっと支出が増えました。内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 588€

家の立地条件などは9月分の収支まとめをご覧ください。

アムステルダムの食費 194€

1月(155€)や12月(166€)に比べて少し増えました。その理由は、ヨーロッパでもコロナが騒がれ始めて、普段より多めに食べ物をストックするようにしたからです。

アムステルダムの交通費 67€

インターン開始前で時間に余裕があったので、いろいろと近場にお出かけしました。まずはザーンセスカンス。いかにもオランダ!な風景が楽しめてよかったです。それから、ハーレム。アムステルダムから20分程度で行けるこじんまりした町で、特に何もないんですけど、ぶらぶら街歩きをするのが楽しかったです。デンハーグにも行って、CVの書き方セミナーに参加しました。とても役に立ちました。2月は交通費の費用対効果がとても良かったです。

アムステルダムの交際費 66€

大学の友達と「ちょっとリッチな朝ごはんを食べる会」と称して行ったカフェ”Bakers and Roasters“がめっちゃ良かったので皆さんぜひ行ってみてください!

アムステルダムの衣服代 30€

インターン開始に備えて、小綺麗な服もあったほうがいいだろうということでMANGOのセールでワンピースを買いました。実際、始まってみるとやっぱり皆さん予想以上に小綺麗な格好で働いていらっしゃるので、買ってよかったなと思いました。

アムステルダムの消耗品代 28€

文房具や花を買いました。

アムステルダムの化粧品代 24€

日本から持ってきたマスカラやファンデーションが一通りなくなってしまったのでドラッグストア(Etos)で買いました。こちらではしょっちゅう“1+1 gratis”のセールがやっていて、1個買うともうひとつが無料でついてくるのでそのタイミングで買いました。メイベリンのマスカラは1本16ユーロ、パウダーファンデーションは1個8ユーロが元のお値段で、それで2個ゲットできたのでたいへんお得でした!

ということで、2月分の生活費詳細をお届けしました!何かご質問などございましたらお気軽にコメントください!^^

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

アムステルダム大学院留学、1ヶ月の生活費(2020年1月)

1月の生活費をまとめます。先月の特徴は、

・自転車の修理や無犯罪証明書など突発的な出費が多かった

・新しい買い物スポットを開拓したことによって、同じ食費でも内容が豊かになった

ことです。

それではいってみましょう。ドドン!

アムステルダムの生活費 合計955€

内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 588€

どんな条件でこのお値段かは、9月分をご覧ください

アムステルダムの食費 155€

額は今までとほぼ変わらないのですが、新しい買い物スポットを開拓したおかげで内容が良くなった気がします。きっかけは、アルバートハインでみかんを買ったらあまりにツヤッツヤだったこと。人工的すぎやろ!と友達に突っ込まれるほどツヤッツヤでした笑。やはり学生とは言え、安さを求めるだけではなく、より健康的な食べ物を選ぶべきだという意識が出てきました。

それで行ってみたのが、EKO PLAZA というスーパー。名前からお分かりのように、オーガニックのこだわり食品が売っています。こういう「意識高い系のお店」って、値段も高いイメージがあるじゃないですか?ところが、実際に行ってみると、それほどでもないのです。みかんも、確かにアルハイよりは少し高いけど、へんなツヤはなく自然な外見です笑。パンに至っては、アルハイより安くてしかも美味しい!※セール時(私の好きな、カボチャのタネがまぶしてあるパン)。他にも、また行きたいと思える「意識高い系のお店」を見つけて、同じコストでもより身体に優しそうなものを選んで買えるようになりました。

お気に入りのパン

アムステルダムの消耗品代 78€

年明け早々、自転車のタイヤがパンクして、その修理に45ユーロかかりました。お店の人が言うには、ただのパンクなら20ユーロで済むけど私のは中のチューブまで破損してるので全部交換しないといけない、ということでこのお値段になりました。

あとは、シャンプーのまとめ買いもしました。1本7ユーロのシャンプー・コンディショナーが半額になっていたので、4本まとめ買い。オランダはシャンプーなどが比較的高いですが、1 + 1 gratis (2つ目無料!)のオファーがしょっちゅうあるので、そのタイミングを狙ってください。

アムステルダムの交際費 53€

大学の友達とアルゼンチン料理屋さんに行きました。スペアリブが特に美味しかった!それから、アムステルダム在住のネイリストaiさん主催の「アムステルダムでスペイン料理を食べる会」にも参戦してきました。お料理ももちろん美味しかったし、いろんなジャンルで活躍されている日本人の方に会えたのも嬉しかったです。

左:アルゼンチン、右:スペイン

無犯罪証明書 41€

市役所に行って無犯罪証明書(VOG)を取ったので、その費用です。インターンシップ先に提出するためです。「入力フォームに記入する」→「インターン先のサインをもらう」→「市役所に持っていく」→「約1週間後に郵送される」という手順を踏むので、余裕をもって申請することが必要です。

アムステルダムの交通費 40€

基本はどこでも自転車で行くのですが、雨の日や風が強くて寒い日は自分に甘くなってメトロを使っちゃいます。

アムステルダムの医療費 30€

ちょっと病院に行くことがあったんですけど、これについてはまた「オランダで病院に行ってみた」的なタイトルで記事を書きたいと思っています!とりあえず、留学生はオランダの健康保険に入れないので全額建て替え払いとなります。

【追記】書きました

ということで1月分の生活費をお届けしました!カテゴリー「留学準備>お金」から、過去の月も参考にしてみてください!

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

オランダの家賃補助 “Toeslagen”を申請しよう!

オランダ留学をおすすめする理由でも触れましたが、オランダでは一定の条件を満たすと外国人でも家賃補助(Toeslagen / Rent house allowance)がもらえます。

条件のなかでポイントになるのはこれですかね。

「独立した賃貸物件に住んでいること」(専用のバス・トイレ・キッチンがある家、と言う意味だと思う。シェアは×)

詳しくはオランダ税務局のページをご覧ください。

この制度のおかげで私は毎月の家賃558ユーロに対して月々195ユーロの補助がもらえます。

本当にありがたい制度なのですが、お金を受け取るまでが本当に長かった…。そのプロセスを振り返ってみます。

まず、申請に必要なものはこちらです。

BSN=マイナンバーみたいなものです。市役所で住民登録をすると数日後に郵送で送られてきます。

銀行口座=オランダの銀行口座を開きましょう。BSNが手元にないと口座開設ができない場合もあるので確認してください。銀行の選択肢はいくつかありますが、私の周りではING銀行を使っている人が圧倒的に多いです。割り勘したときの送金などが便利なので、INGを選んでおくと無難かなと思います。

Digid=オンラインで国が個人情報を管理するシステム(私の理解が正しければ)。これに登録してIDを手に入れる必要があります。これを取るためにはまずBSNが必要です。

家賃やサービスコストの詳細がわかるもの

必要なものが揃ったら、税務局の”I live in a rented house”→”I want to apply for a benefit”→”Mijn toeslagen”と進んでいきます。このページ以降は全てがオランダ語というスパルタ環境になります。

私がこのMijn toeslagenのページに登録をしたのが、2019年9月の初め頃だったと思います。ログインすると申請のための質問が出てくるので、グーグル翻訳を駆使して答えていきます。すると…「〇〇〇さんはあなたの同居人ですか?」とグーグル翻訳が聞いてきました。「え?それ誰!?」…どうやら、前の住人が住民登録を解除していなかったみたいです。

さっそく市役所に行って、「この人の登録を取り除いてください」(remove以外の表現が思いつかなかった)と申し出。実際に取り除かれるまで約3週間かかりました。

やっと「一人暮らし」になったところで、再びMijn toeslagenの質問に答えていきます。入力画面に制限時間があり、グーグル翻訳している間にタイムアウト→再びログインして次のところをグーグル翻訳、の繰り返しで、なんとか最後までたどりつく。まぁ、結果的に、律儀にぜんぶを翻訳しなくても、全て”Nee”(いいえ)でいけたと記憶しています。

それから数週間後、「パスポートのコピーと銀行口座のスクリーンショットを送ってください」というお手紙が来る→それを送る→「受け取りました」という返事が来る。この時点で11月末。同時期に申請をした友達は、この段階でお金がもらえてました。EU出身だからかな?

さらに数週間。「家の契約書、家賃とサービス料の内訳がわかる書面、家賃を支払った記録」を送るよう手紙が来る→送る→「受け取ったよ」と返事が来る。この時点でお正月。そして1月最終週まで音沙汰無し。

…私が家賃補助を受け取れるのは一体いつなのか?

ここで私、何を思ったか、問い合わせ先に電話をかけて聞いてみました。

「私はいつお金を受け取れるのですか?」

我ながら図々しすぎ!笑

すると、そのような質問には慣れているのか、お姉さんは淡々とした調子で「システム上では2月20日の予定です」と答えてくれました。

で、2月3日にいきなり、2019年の9月~12月の分がまとめて振り込まれました。ありがとうございます!

とりあえず今日は何が言いたかったかと言うと…

オランダにはこんなにありがたい家賃補助制度があるということと、

オランダのお役所はすごくスローではあるがやるべきことはきっちりしてくれるということと、

気になることは躊躇せずどんどん問い合わせしてみよう!ということです。

オランダ留学に関してご質問などございましたらお気軽にコメントなどご投稿ください。お待ちしています!

アムステルダム大学院留学、1か月の生活費(2019年12月)

12月の生活費をまとめます。12月の特徴は

・年末ということもあって交際費が少し多かった

海外ユニクロ限定のマリメッココラボ商品を一目見た瞬間に買ってしまった

・初めて海外で「化粧水」を買った

・全体としては過去最低の支出額になった

です。

アムステルダムの生活費 合計949€

かなり安くおさまりました、、、!内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 558€

立地条件などの詳細は9月分の記録をご覧ください

アムステルダムの食費 166€

アムステルダムの衣服代 70€

なんと、この度、海外のユニクロ限定でマリメッココラボ商品が出ました。マリメッコの服なんて高くて一度も買ったことがなかった私・・・。アムステルダムにもユニクロがあるんですけど、見に行ったら絶対欲しくなってしまうと思って、テストが終わるまで見に行くのを我慢していました。それで、テストが終わったその足で見に行って、5秒ぐらいで買いました。笑 シャツワンピースを買ったのですが、発色もきれいで生地もしっかりしているし、嬉しいです。

アムステルダムの交際費 51€

大学の友達とクリスマスパーティーをして、プレゼント交換もしました。Secret Santaと言って、あらかじめ誰が誰にプレゼントを贈るのかをくじ引きで決めておき(贈られる側は、誰からもらえるのか知らない状態)、プレゼントとその人へのポエムを用意します。当日、そのポエムを音読してプレゼントを渡します。それぞれのポエムが個性的で、しっかり韻を踏んでいたり、料理レシピがポエムになっていたりと、とても盛り上がりました。オランダではクリスマスに家族でポエムの交換をする家庭もあるそうです。

あとは、クリスマスマーケットに行ってグリューワインなどを楽しみました。グリューワインとは、ワインをスパイスや柑橘と一緒に温めたものです。ヨーロッパでクリスマスの時期に飲まれます。

アムステルダムの交通費 40€

基本どこでも自転車で行きますが、寒い、暗い、大雨、などの時はメトロを利用します。

アムステルダムの消耗品代 39€

新年のカレンダーや手帳を買いました。あとは、自転車のライトが壊されたのでアルバートハインで簡易ライト(2個セットで4ユーロ)を買いました。ゴムバンドがついていて簡単に取り付けられます。

アムステルダムの化粧品代 25€

日本から持ってきた化粧水や乳液がついになくなってしまったので新しいものを探しました。ただ、これがけっこう難関で、オランダの人って「化粧水」をつけないらしいのです。顔を洗ったら直接クリームにいくんだそうです。ドラッグストアに行っても、クリームっぽいのはたくさんあるけど化粧水らしきものはなく、、、“Micellar water”というのがあって「これかな?」と思ったけどそれはどうやら「メイク落とし」みたいなもんらしい、、、ロクシタンには”Lotion”があるけどちょっと学生には手が出にくいお値段、、、探し回った結果、ボディーショップでお手頃な「化粧水」が見つかりました。最初、お店のお姉さんに化粧水みたいなものはあるかと聞いたときは、何のことを言っているのかたぶん全然伝わってなくて、「?」な顔をされました。それで、あれこれ説明していろんな商品を試して、「あ、これがあなたの求めてるやつね」と行きついたのがこちらです。

Drops of Youth…名前もいいですね。トロトロした質感でいい感じです。

ということで長くなりましたが12月の生活費のまとめでした!

ありがたいことに、このブログを見てくださる方がどんどん増えています。今は一日に350pv前後です。「オランダ・留学」などの検索ワードで来てくださる方が一番多いようです。オランダでの生活や留学に関してご質問などがあれば、お気軽にコメントください!

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/

アムステルダム大学院留学、1か月の生活費(2019年11月)

11月分の生活費をまとめます。ちなみに10月は1125ユーロ、9月は1473ユーロでした。

アムステルダムの生活費 合計975€

内訳は以下の通りです。

アムステルダムの家賃 558€

お家の立地条件などは9月分のまとめをご覧ください。

アムステルダムの食費 185€

アムステルダムの消耗品代 108€

プリペイド携帯のチャージが2GBで10ユーロ、洗濯+乾燥が1回3ユーロ、真冬のサイクリング備えてスキー用の手袋18ユーロ、などです。アパートに備え付けだったペラペラのプラスチックまな板に耐えられなくなって、ちゃんとしたまな板(9ユーロ)を買ったりもしました。

自転車 70€

実は、10月末に自転車を盗まれたんです!家の近くのメトロ駅に、しっかり鍵をかけて停めていたのですが、、、ここは自転車大国オランダ。たとえ鍵をかけていたとしても自転車の盗難は日常茶飯事のようです。涙)というわけで新しい自転車を買いました。それ以来、自転車を肌身離さず、どこにでも乗って行くようになりました。

アムステルダムの交通費 30€

自転車を盗まれて悲しい思いをし、今度は盗まれたくないので駅に停めることはせず、どこにでも乗っていくようになった結果、交通費の支出は大幅に減りました。遠出する時や夜遅くなった時のみ、電車を使っています。

アムステルダムの交際費 23€

アルクマールという町(チーズマーケットが有名)に住んでいるオランダ人の友達を訪ねて行ったり、クラスメイトたちと気晴らしにちょっと良い朝ごはんを食べに行ったりしました。この頃になると大学の友達との仲も深まってきて、わざわざカフェなどに行くというよりは学校のカフェテリアで喋って過ごすことも増えてきました。

ということで、11月は自転車を盗まれたことが痛手となりましたが、逆にそのおかげで交通費が少なくて済んでいるし良い運動にもなっているので、結果的には良かったかなと思います。

↑↑↑↑↑この本は5年前くらいにメキシコのリゾート(笑)で読みました。シンプルでわかりやすいのですぐ読めます。結局、お金に対するリテラシーは日々のちょっとした行動に反映されていて、それが「貯まる体質」か否かを決めるんだな、とわかりました。(画像をクリックするとアマゾンのリンクに繋がります。このリンクから何かを購入してくださると、代金の一部が私の収入となり、ブログ運営の費用として使わせていただきます。)

*オランダ留学についてのオンライン面談、海外大学院留学・海外就職に向けた応募書類添削を承っています。詳細はこちらからご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

*私が勤務しているインターナショナルスクールの日本語ブログです!学校の様子を覗いてみてください♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://amityblogjapanese.hatenablog.com/